[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

スペインDFの“ハンド見逃し判定”に独メディア疑問符「抗議」「ブスケツの手に飛んだが…」

サッカーのカタール・ワールドカップ(W杯)は27日(日本時間28日)、グループリーグE組でドイツはスペインと1-1で引き分けた。1点を追う後半38分にFWニクラス・フュルクルクが同点弾。勝ち点1を獲得し、決勝トーナメント進出に首の皮一枚繋がった。しかし、後半にはペナルティエリア内でボールが相手DFの手に当たる場面があったが、笛は吹かれず。PKとならない場面があった。ドイツメディアから「ハンドがあったのでは?」と疑問符がつけられた。

スペインDFブスケツ【写真:Getty Images】
スペインDFブスケツ【写真:Getty Images】

カタールW杯

 サッカーのカタール・ワールドカップ(W杯)は27日(日本時間28日)、グループリーグE組でドイツはスペインと1-1で引き分けた。1点を追う後半38分にFWニクラス・フュルクルクが同点弾。勝ち点1を獲得し、決勝トーナメント進出に首の皮一枚繋がった。しかし、後半にはペナルティエリア内でボールが相手DFの手に当たる場面があったが、笛は吹かれず。PKとならない場面があった。ドイツメディアから「ハンドがあったのでは?」と疑問符がつけられた。

【特集】初代金メダリストが次世代に繋ぐサポートの輪「夢を持ってくれたら」 / スケートボード・堀米雄斗選手インタビュー(GROWINGへ)

 息をのむ瞬間だった。後半17分に先制点を許したドイツは同30分過ぎ、ペナルティエリアに侵入したFWサネが右サイドから中央にパスを送った際、スペインDFブスケツの左手に当たった。選手たちもハンドをアピールしたが、笛は鳴らず。プレー続行となり、得点機を逃した。

 この場面について大衆紙「ビルト」はテキスト速報で「なんと」「サネがペナルティエリア内で浮かしたボールがブスケツの手に。しかし、笛は吹かれず」、ドイツのスポーツ誌「キッカー」も同様に「ドイツが抗議」「サネの突破からのボールがブスケツの手に飛んだ。しかし、FKに」と伝えた。

 スポーツ専門局「EUROSPORT」ドイツ語版は「サネがドリブルで3人を突破してペナルティエリアに。しかし、ロドリに止められる。ただ、その前にブスケツのハンドがあったのでは? しかし、VARの介入はなし」と疑問符をつけた。海外メディアから手に当たっている写真も公開されており、意見が分かれるプレーとなった。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集