[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

日本、コスタリカに痛恨敗戦 森保一監督「狙い通りだったが、結果だけ狙い通りでなかった」

サッカーのカタール・ワールドカップ(W杯)は27日、E組の日本がコスタリカと対戦し、0-1で敗れた。勝ち点を積み上げることはできず、最終戦のスペイン戦(12月1日=日本時間2日)に決勝トーナメント進出を懸ける。森保一監督は試合後のインタビューで「狙い通りだったが、結果だけ狙い通りではなかった」と語った。

コスタリカ戦での森保監督【写真:ロイター】
コスタリカ戦での森保監督【写真:ロイター】

カタールW杯・E組第2戦

 サッカーのカタール・ワールドカップ(W杯)は27日、E組の日本がコスタリカと対戦し、0-1で敗れた。勝ち点を積み上げることはできず、最終戦のスペイン戦(12月1日=日本時間2日)に決勝トーナメント進出を懸ける。森保一監督は試合後のインタビューで「狙い通りだったが、結果だけ狙い通りではなかった」と語った。

【特集】初代金メダリストが次世代に繋ぐサポートの輪「夢を持ってくれたら」 / スケートボード・堀米雄斗選手インタビュー(GROWINGへ)

 前半から日本がボールを持つ展開。一方のコスタリカは初戦でスペインに0-7と大敗したこともあって慎重な入りを見せた。日本はMF堂安律やMF相馬勇紀らアタッカーが積極的に仕掛けるも、ゴールに迫るシーンは少なかった。

 後半は初戦ドイツ戦同様に3バックにシステム変更。後半開始からFW浅野拓磨を投入し、その後もMF三笘薫、MF伊東純也ら攻撃的な選手を立て続けにピッチに送り込んだ。流れが良くなったところでいい位置での直接FKを獲得するも、枠には飛ばせず。逆に36分、相手の右からの攻撃でこぼれ球を拾えず、最後はフレールにゴールを決められ、これが決勝点となった。

 森保監督は試合後、中継インタビューで「0-0でいきながら最後、我々がやろうとすることができなかった。次に向けて気持ちを切り替えていきたい。失点のところ以外は我々の思った感じでいけて狙い通りでしたが、結果が狙い通りではなかった」と語った。

 初戦のドイツ戦勝利に続くGL2連勝はならず。最終戦のスペイン戦に向けて「スペインの良さを出させないように、最後結果を出して国民の皆さんに喜んでもらいたい」と話した。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集