[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

屈辱のドイツ代表が不穏ムード 決定力巡り「ギュンドアンが味方を痛烈批判」と報道

サッカーのカタール・ワールドカップ(W杯)は23日、E組の日本が2-1で強豪ドイツに逆転勝ちし、衝撃の番狂わせを演じた。日本のシュートは11本(うち枠内3本)に対し、ドイツは26本(同8本)。ドイツメディアは、試合後のチーム内で「決定力」を巡る内紛が起きたことを報じた。

日本戦に出場したドイツ代表のイルカイ・ギュンドアン【写真:ロイター】
日本戦に出場したドイツ代表のイルカイ・ギュンドアン【写真:ロイター】

カタールW杯・E組初戦で日本に逆転負けのドイツ

 サッカーのカタール・ワールドカップ(W杯)は23日、E組の日本が2-1で強豪ドイツに逆転勝ちし、衝撃の番狂わせを演じた。日本のシュートは11本(うち枠内3本)に対し、ドイツは26本(同8本)。ドイツメディアは、試合後のチーム内で「決定力」を巡る内紛が起きたことを報じた。

【特集】3種目で日本記録保持 女子中長距離のエースが「挑戦」を続ける理由 / 陸上・田中希実選手インタビュー(GROWINGへ)

 W杯4回優勝を誇るドイツは日本に敗戦。特に前半は主導権を握りながら、PKによる1点にとどまった。ドイツ大衆紙「ビルト」は先制点となるPKを決めたMFイルカイ・ギュンドアンの発言に注目。ギュンドアンは試合後、ドイツ公共放送「ARD」のインタビューにこう語ったという。

「日本に簡単にやらせてしまった。特に2点目。攻撃ではとてつもないチャンスをつくったのに2点目を決めることができなかった」「後ろでボールを持った時にどこか自信がない。ボールを持ったら動く、つなぐ。後半はロングボールを増やした。そしてショートパスはあっさり取られた。誰しもが絶対にボールをキープするという意識があるわけではないように感じた。あまりにも簡単にボールを失ってしまった」

 この言葉に対し、ビルト紙は「先制ゴールを決めた選手が、インタビューで味方を痛烈に批判。彼からすれば前線(ハバルツ、ミュラー、ムシアラ、ニャブリ)は決定力を欠き、さらに彼の発言によれば『誰しもが絶対にボールをキープするという意識があるわけではない』。さらに、自信のなさも非難した」と伝えた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
FitStats
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集