[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

本田圭佑「とりあえず落ち着こう」 大金星に冷静装うも…勝利間際「終わりやろ!」連呼

サッカーのカタール・ワールドカップ(W杯)は23日、グループリーグで日本―ドイツ戦が行われ、日本は2-1で勝利。格上の強豪を相手に、衝撃の逆転劇を演じた。1点を追う後半、途中出場の堂安律、浅野拓磨が続けて得点。ABEMAで解説していた元日本代表・本田圭佑は「とりあえず落ち着こう」と試合後でも冷静を装ったが、「いやーいいっすね。ドイツがむしろ追い込まれましたね」と喜んだ。

逆転ゴールを決め祝福を受ける浅野拓磨【写真:ロイター】
逆転ゴールを決め祝福を受ける浅野拓磨【写真:ロイター】

カタールW杯

 サッカーのカタール・ワールドカップ(W杯)は23日、グループリーグで日本―ドイツ戦が行われ、日本は2-1で勝利。格上の強豪を相手に、衝撃の逆転劇を演じた。1点を追う後半、途中出場の堂安律、浅野拓磨が続けて得点。ABEMAで解説していた元日本代表・本田圭佑は「とりあえず落ち着こう」と試合後でも冷静を装ったが、「いやーいいっすね。ドイツがむしろ追い込まれましたね」と喜んだ。

 最高の形でW杯初戦をものにした。前半、GK権田が相手を倒してPKを献上し、1点を先取された日本。後半に入ると、森保監督は積極的に選手交代。すると後半30分、左サイドから三笘が切り込み、スルーパスに南野が反応。中央に折り返したボールをGKノイアーが弾くが、これに堂安が反応。冷静に左足で押し込み、同点ゴールで歓喜を爆発させた。

 さらにその8分後、自陣からのFKから板倉がロングボールを送ると、抜け出した浅野がスピードに乗った。ペナルティエリア右まで運び、角度のないところからシュート。これがニアサイドに決まり、逆転に成功した。

 ABEMAで解説していた本田は、後半のアディショナルタイム(AT)が7分もあったことに「7分!? 7分もある?」と驚いた様子だった。試合終了間際には「終わりやろ、終わりやろ?終わりやろ!」と連呼し、興奮気味。勝利が確定すると「イエス!」と喜んだ。

 ただ、その後すぐに冷静になり「とりあえず落ち着こう。この勝利は良かったけれど、結局もう一試合勝たないといけないことに変わりない」と語った。ただ、「いやーいいっすね。ドイツがむしろ追い込まれましたね」と喜びを抑えきれなかった。

 森保監督の采配が的中した形だが「勝てたのは、もちろん采配のおかげだと思うが、気になる采配はあったので、課題をコスタリカ戦で修正しないといけない。ドイツは正直勝ち試合を落としたという見方もできる。一喜一憂せず次につなげてほしい」と語った。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集