[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「怖い」「警戒しないで」 今夜日本と激突するドイツ監督、まさかの告白にSNS反響

サッカーのカタール・ワールドカップ(W杯)は23日、E組の日本代表がドイツとの初戦を迎える。初陣を前にした22日、ドイツのハンジ・フリック監督が公式会見に出席した。「自分は日本サッカーのファン」と発言。警戒を強めた様子を同国メディアなどが多数報じると、日本のファンから「ウサギを狩るのも全力でいく」「日本を舐めてかかってくれ」と注目を浴びた。

ドイツ代表のハンジ・フリック監督【写真:ロイター】
ドイツ代表のハンジ・フリック監督【写真:ロイター】

ドイツのフリック監督が会見

 サッカーのカタール・ワールドカップ(W杯)は23日、E組の日本代表がドイツとの初戦を迎える。初陣を前にした22日、ドイツのハンジ・フリック監督が公式会見に出席した。「自分は日本サッカーのファン」と発言。警戒を強めた様子を同国メディアなどが多数報じると、日本のファンから「ウサギを狩るのも全力でいく」「日本を舐めてかかってくれ」と注目を浴びた。

 いよいよ幕を開けるW杯の戦いを前に、指揮官はまさかの事実を告白した。ドイツ大衆紙「ビルト」は「フリック監督、日本のファンであることをカミングアウト」と報道。記事によると、フリック監督は「自分が日本サッカーのファンであることを明かさなければならない。どの選手も戦術的、技術的に非常に良く鍛えられている」と明かしたという。

 さらに「例えばカマダとエンドウはブンデスリーガで抜群の仕事をしている。とても厳しい任務になるだろう」と名指し。鎌田大地、遠藤航の2人を警戒したようだ。

「日本のファン」発言は、日本とドイツのメディアも続々と伝えた。ツイッター上では、日本人ファンから「マジでこわいよ」「ウサギを狩るのも全力でいく」「日本を舐めてかかってくれ」「過小評価して」「警戒しないで」と反応が上がった。22日にはサウジアラビアがアルゼンチンから金星を挙げただけに、強豪国の油断を願う声もあるようだ。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集