[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

アルゼンチンが泣いた“腕一本分オフサイド” 証拠画像に海外疑問「やりすぎでしょ」

サッカーのカタール・ワールドカップ(W杯)は22日、C組のアルゼンチンが1-2でサウジアラビアに敗れ、まさかの黒星発進となった。前半、FWラウタロ・マルティネスがゴールネットを揺らしたものの、VAR判定でオフサイドとなりノーゴールに。米メディアは腕一本分だけ出ていた“証拠画像”を公開したが、海外ファンからは「ナンセンスだ」「ふざけんな」と疑問の声が上がっている。

絶妙なタイミングで飛び出すも…ノーゴールとなったアルゼンチンのラウタロ・マルティネス【写真:ロイター】
絶妙なタイミングで飛び出すも…ノーゴールとなったアルゼンチンのラウタロ・マルティネス【写真:ロイター】

アルゼンチンのノーゴール判定に注目

 サッカーのカタール・ワールドカップ(W杯)は22日、C組のアルゼンチンが1-2でサウジアラビアに敗れ、まさかの黒星発進となった。前半、FWラウタロ・マルティネスがゴールネットを揺らしたものの、VAR判定でオフサイドとなりノーゴールに。米メディアは腕一本分だけ出ていた“証拠画像”を公開したが、海外ファンからは「ナンセンスだ」「ふざけんな」と疑問の声が上がっている。

 VAR判定に泣いた。前半、メッシのPKで1点を先取したアルゼンチン。同35分にはFWラウタロ・マルティネスがメッシのスルーパスに反応。絶妙なタイミングで飛び出してゴールネットを揺らしたかに思われたが、VAR判定でオフサイドに。ノーゴールとなってしまった。チームは後半に2得点を許して敗北。この判定も響く形となった。

 米スポーツ専門局「ESPN」のサッカー専門インスタグラムはその“証拠画像”を公開した。マルティネスの左肩から少し先、腕一本分のみがラインから出ていたと伝えた。今大会はAIによる「半自動オフサイドテクノロジー」が導入されている。ルールはルール。しかし、厳密な判定には海外ファンから疑問の声も上がっている。

「ナンセンスだ」
「4-0になってもおかしくなかった」
「VARふざけんな」
「超アンラッキー」
「冗談でしょ」
「やりすぎでしょ」

 グループリーグ初戦に敗れたチームが決勝トーナメントに進出するのは、かなり難しいというデータもある。優勝候補とされたアルゼンチンは逆境を乗り越えられるか。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集