[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

メッシにPK献上 サウジVAR判定に海外記者は辛辣「VAR時代になぜシャツを引っ張る?」

サッカーのカタール・ワールドカップ(W杯)は22日、C組のアルゼンチン―サウジアラビア戦が行われた。アルゼンチンは前半10分、VAR判定で得たPKをFWリオネル・メッシが決めて先制点をゲット。サウジアラビア側のファウルには海外記者から「VARがある時代になぜシャツを引っ張っているのか…」「あのVARでペナルティになったのは厳しすぎる」などと反応が寄せられている。

競り合うアルゼンチン代表のリオネル・メッシ【写真:ロイター】
競り合うアルゼンチン代表のリオネル・メッシ【写真:ロイター】

カタールW杯C組

 サッカーのカタール・ワールドカップ(W杯)は22日、C組のアルゼンチン―サウジアラビア戦が行われた。アルゼンチンは前半10分、VAR判定で得たPKをFWリオネル・メッシが決めて先制点をゲット。サウジアラビア側のファウルには海外記者から「VARがある時代になぜシャツを引っ張っているのか…」「あのVARでペナルティになったのは厳しすぎる」などと反応が寄せられている。

【特集】3種目で日本記録保持 女子中長距離のエースが「挑戦」を続ける理由 / 陸上・田中希実選手インタビュー(GROWINGへ)

 場内が騒然となった。前半10分だ。メッシがFKを蹴ろうとする前にレフェリーが笛を吹き、VAR判定に走った。ペナルティエリアでの競り合いで、サウジアラビアの選手が相手を押し倒すような形になってしまった場面が対象となったようで、判定はPKとなった。メッシはこれを冷静に決め、先制点をもたらした。

 VAR導入以前であれば、問題とならなかったかもしれないシーン。ツイッター上では海外記者も反応。英紙「イズリントン・ガゼット」のサッカー記者、ジョシュ・バンティング氏は「VARがある時代に、なぜ未だにシャツを引っ張っているのかわからない。ばかげている」とサウジアラビア側の不用意なプレーに辛辣な意見をつづった。

 一方、米紙「ウォール・ストリート・ジャーナル」の元記者で、現在はサウジアラビアでジャーナリストとして活動するアハメド・アルオムラーン氏は「あのVARでペナルティになったのは厳しすぎる」と判定に納得いかない様子。「もし逆だったら与えられているか分からない」とまで記していた。アルゼンチンはこのあと2度ゴールネットを揺らすも、いずれもオフサイド判定でノーゴールに。1-0で前半を終えている。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
FitStats
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集