[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

世界に称賛された日本サポーター試合後の善行 他国に波及し「先駆者は日本のファンだ」【W杯名珍場面】

サッカーワールドカップ(W杯)が開幕した。森保一監督が率いる日本代表をはじめ、32か国がカタールに集い、世界一を目指す。4年に一度の大舞台を盛り上げるべく、2018年ロシア大会をプレーバック。記憶に新しい前回を振り返り、観戦ムードをさらに高める。今回は日本サポーターの試合後のゴミ拾い。98年フランス大会の初出場以来の“風物詩”となっているが、ネットが発達したロシア大会ではその様子がネット上で拡散され、善行は他国のサポーターにも広がった。

サッカー日本代表のサポーターたち【写真:ロイター】
サッカー日本代表のサポーターたち【写真:ロイター】

2018年ロシア大会を振り返るサッカーW杯名珍場面

 サッカーワールドカップ(W杯)が開幕した。森保一監督が率いる日本代表をはじめ、32か国がカタールに集い、世界一を目指す。4年に一度の大舞台を盛り上げるべく、2018年ロシア大会をプレーバック。記憶に新しい前回を振り返り、観戦ムードをさらに高める。今回は日本サポーターの試合後のゴミ拾い。98年フランス大会の初出場以来の“風物詩”となっているが、ネットが発達したロシア大会ではその様子がネット上で拡散され、善行は他国のサポーターにも広がった。

【特集】3種目で日本記録保持 女子中長距離のエースが「挑戦」を続ける理由 / 陸上・田中希実選手インタビュー(GROWINGへ)

 日本サポーターの善行は、やがて世界に広がり、「日本発」と認定された。

 1次リーグ初戦でコロンビアを破る金星を挙げた日本。話題になったのはピッチだけでなく、客席もだった。日本のユニホームを着たサポーターたちがコロンビアサポーターもいる客席で、足元に散らばったゴミを拾い上げていく。そんな様子が米誌「ニューズウィーク」公式ツイッターが紹介し、話題になった。

 英公共放送「BBC」は「日本のファンがスタジアムを清掃し、好印象を与える」と見出しを打って報道。「興奮するW杯の試合なら、通常スタンドには生ごみやカップ、包装がそれを象徴するように散乱するものだ。火曜の夜は日本のファンにとって、確かに熱狂する理由があった」とした。その上で「しかし、チームがピッチからコロンビアを掃き出すと、日本のファンも掃除を始めた。丁寧に一列ずつ、一席ずつ、片付けていった」と称賛した。

 さらに、この行動はロシア大会でセネガル、ウルグアイなど、他国のサポーターに波及。「BBC」は大会期間中に「セネガルのファンたちは確かに同時に今年のワールドカップで行ったが、このパイオニアであり、今やそれで有名なのは日本のファンたちだ」と報じた。「日本のファンが模範を示した」「日本の活動が他の国に広がったようだ」と先駆者であることを紹介した。

 日本は準々決勝のベルギー戦で2-0から3失点する悲劇的な逆転負け。そんな試合後でも気丈にゴミ拾いする姿が目撃され、米スポーツ専門局「FOXスポーツブラジル」が「なんて素敵なんだ! 日本人がスタジアムのゴミを集めている!」と公式インスタグラムで称賛。勝っても負けても変わらないスタンスが注目された。

 今大会も開幕戦となったカタール―エクアドル戦の客席で、自国の試合でもないにもかかわらず、多くの日本人サポーターがゴミ拾いをしたことが話題に。日本を背負っているのは選手ばかりではない。客席で声を枯らす世界最高のサポーターが、カタールにいる。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
FitStats
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集