[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

3バックは「W杯では使わないかな」 松井大輔がカナダ戦で気になった日本代表の戦い方

サッカー日本代表はカタール・ワールドカップ(W杯)開幕を3日後に控えた17日、UAEのドバイでカナダ代表と本大会前最後となる親善試合に臨んだ。負傷などの影響で冨安健洋、遠藤航、守田英正、三笘薫が欠場した一方、長期離脱から復帰した板倉滉と浅野拓磨がスタメン出場。試合は右サイドハーフで先発起用された相馬勇紀が、前半8分にボランチ柴崎岳からの浮き球パスに反応し、相手DFの背後に抜け出して先制ゴールを決めたが、同21分にCKから失点すると、試合終了間際にはPKを献上し、1-2と逆転負けを喫した。

日本代表は国際親善試合でカナダ代表と対戦。1-2の逆転負けを喫した【写真:ロイター】
日本代表は国際親善試合でカナダ代表と対戦。1-2の逆転負けを喫した【写真:ロイター】

W杯経験者の松井大輔が見たカナダ戦、1-2逆転負けも「悲観すべきではない」

 サッカー日本代表はカタール・ワールドカップ(W杯)開幕を3日後に控えた17日、UAEのドバイでカナダ代表と本大会前最後となる親善試合に臨んだ。負傷などの影響で冨安健洋、遠藤航、守田英正、三笘薫が欠場した一方、長期離脱から復帰した板倉滉と浅野拓磨がスタメン出場。試合は右サイドハーフで先発起用された相馬勇紀が、前半8分にボランチ柴崎岳からの浮き球パスに反応し、相手DFの背後に抜け出して先制ゴールを決めたが、同21分にCKから失点すると、試合終了間際にはPKを献上し、1-2と逆転負けを喫した。

 W杯本番前最後の試合で黒星を喫する形となったが、この結果をY.S.C.C.横浜に所属する元日本代表MF松井大輔はどのように見たのか。2010年南アフリカW杯でベスト16進出の原動力となったアタッカーは、自身の経験を踏まえながら、23日の初戦ドイツ戦に向けて「早く忘れることが大切」と助言を送っている。(取材・文=藤井雅彦)

 ◇ ◇ ◇

「悔しい結果に終わってしまいましたが、まずカナダはとても良いチームでした。ビルドアップからショートパスで攻撃を組み立て、中盤でプレッシャーを受けてもしっかりとボールをつなぎ、個々の能力もとても高い。特にサイドには個で仕掛けられる選手を配置していて、ドリブル突破からCKを獲得できる。そして失点場面が象徴するように、セットプレーには高さと怖さがありました」

 北中米カリブ海予選でメキシコやアメリカといったW杯常連国を抑えて1位で本大会出場を決めた実力は本物だった。

 ただし、この試合はあくまでも強化試合に過ぎない。6日後に迫った日本の初戦、ドイツ戦に向けて松井が最も重要なポイントとして挙げたのは「忘れること」だ。

「カナダと対戦して分かったのは、W杯に出てくるチームには簡単に勝てる相手はいないということ。それを肌で感じられたことが大きな収穫です。なので(この結果を)早く忘れることが大切で、負けたことを引きずってはいけません。僕が出場した南アフリカW杯もそうでしたが、強化試合で負けたことと本番の結果はイコールではありません。だから、この結果だけを切り取って悲観するべきではないと思います」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集