[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

久保建英「決めるとしたら自分しかない」 決勝弾はイメージ通り「安堵しています」

東京五輪のサッカー男子1次リーグA組は22日、日本が大会初戦となる南アフリカ戦(味の素スタジアム)に臨み、1-0で白星発進を決めた。後半26分にMF久保建英が左足で先制のゴール。この1点を守り切り、勝ち点3を獲得した。

南アフリカ戦でボールを運ぶ久保建英【写真:Getty Images】
南アフリカ戦でボールを運ぶ久保建英【写真:Getty Images】

サッカー男子、1次リーグ初戦

 東京五輪のサッカー男子1次リーグA組は22日、日本が大会初戦となる南アフリカ戦(味の素スタジアム)に臨み、1-0で白星発進を決めた。後半26分にMF久保建英が左足で先制のゴール。この1点を守り切り、勝ち点3を獲得した。

【注目】インターハイ2021「できっこないを、やる夏だ。」 インターハイ応援プロジェクト特設サイトはこちらから

 日本が前半から試合を優位に進めた。前半34分にはペナルティーエリア内で相手のクリアミスをMF堂安律が奪い、最後はFW林大地が飛び込んでゴールネットを揺らしたがオフサイドと判定された。前半終了間際にはゴールに近い位置で得たFKを、MF久保が直接狙うなど再三ゴールに迫ったが、前半はスコアレスで折り返した。

 後半もボールを支配し、攻め続ける日本。引いて守る南アフリカゴールをこじ開けたのは久保だった。後半26分、左サイドからのクロスを受けると、ペナルティエリア右で相手をかわし、左足でシュート。左ポストに当たってゴールネットを揺らした。

 久保は試合後のテレビインタビューで「今はとても安堵しています。嬉しさと安心が同じくらいあります。決めるとしたら自分しかないと。結果、決められてチームも勝って嬉しいですね。蓋をあけてみたら南アフリカはいいチームで、苦戦するべくして苦戦した試合だった。あのゴールは中に折り返してファーを狙おうと思っていたので、入ってくれてよかったです」と振り返った。

 日本は南アフリカ、フランス、メキシコと同組。第2戦は25日にメキシコと対戦する。

(THE ANSWER編集部)

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集