[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平に球団幹部が感謝 GM「一生懸命働いた」指揮官「投打No.1になるために来た」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手が18日(日本時間19日)、全米野球記者協会(BBWAA)の投票で選出されるリーグの最優秀選手(MVP)を初受賞した。エンゼルスのジョー・マドン監督は歴史的シーズンを振り返りながら祝福した。

エンゼルスのジョー・マドン監督(左)と大谷翔平【写真:AP】
エンゼルスのジョー・マドン監督(左)と大谷翔平【写真:AP】

大谷翔平を指揮官も祝福

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手が18日(日本時間19日)、全米野球記者協会(BBWAA)の投票で選出されるリーグの最優秀選手(MVP)を初受賞した。エンゼルスのジョー・マドン監督は歴史的シーズンを振り返りながら祝福した。

【特集】競技復帰を決意させた東京パラリンピック 未来へ繋ぐ感謝のバトン / パラバドミントン・鈴木亜弥子さんインタビュー(GROWINGへ)

 二刀流起用を続けた指揮官も快挙を祝った。MLB公式サイトのエンゼルス番レット・ボリンジャー記者がマドン監督らのコメントをツイッターで紹介。同監督は「ショウヘイは(投打)両面で最高の選手になるためにアメリカに来た。そして彼は高いレベルでそのミッションを達成した」と語り、こう続けた。

「この賞は彼が今まで成し遂げたどんなものよりもモチベーションになるだろう。彼のプレーが、私たちの目標の最後の試合(ワールドシリーズ)での勝利にどのように貢献してくれるか楽しみで仕方がない。ショウヘイと家族の皆さん、本当におめでとう」

 またボリンジャー記者はペリー・ミナシアンGMのコメントも紹介している。同GMは「ショウヘイは並外れたシーズンを過ごした。その才能が物語っている。彼をグラウンドで毎日見られたのは光栄なことだったし、技術を向上させようとする姿も見ることができた」と感謝。「彼は素晴らしいチームメイトだ。ゲームに関するあらゆる側面で一生懸命に働いていた。今回の賞は十分に値するものだ」と称えた。

 大谷は最終候補入りしていたブルージェイズのブラディミール・ゲレーロJr.内野手、マーカス・セミエン内野手を上回り、日本選手では2001年イチロー以来20年ぶり2人目の快挙。15年ブライス・ハーパー以来となる6年ぶり19人目、日本人初の満票受賞となった。155試合に出場し、打者としてリーグ3位の46本塁打、打率.257、100打点、103得点、OPS.965。投手では23試合で9勝2敗、防御率3.18、156奪三振だった。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集