[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平&ヤ軍主砲、何度も泣かされた“ストライク判定の分布図”に米悲鳴「酷いな」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は、今季リーグ3位の46本塁打を記録した一方で、度々受けた際どいストライク判定が注目を浴びていた。しかし、判定に苦しめられたのは大谷だけではなかったようだ。米データ会社は、大谷とヤンキースのアーロン・ジャッジ外野手が打席に立った際の今季の投球分布図を公開。画像に対し、「両方とも酷いな」と米ファンから反響を集めている。

エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

米データ会社が公開したチャート図とは

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は、今季リーグ3位の46本塁打を記録した一方で、度々受けた際どいストライク判定が注目を浴びていた。しかし、判定に苦しめられたのは大谷だけではなかったようだ。米データ会社は、大谷とヤンキースのアーロン・ジャッジ外野手が打席に立った際の今季の投球分布図を公開。画像に対し、「両方とも酷いな」と米ファンから反響を集めている。

【特集】競技復帰を決意させた東京パラリンピック 未来へ繋ぐ感謝のバトン / パラバドミントン・鈴木亜弥子さんインタビュー(GROWINGへ)

 強打者の“証”なのか。オレンジ色の丸で示された投球チャート。今季、大谷とジャッジに対し、ストライク判定されたものだ。両者ともに長方形のストライクゾーンからはみ出ている球が多く、特に外角のボール球がカウントされる場面がより多かったことがわかる。

 画像を公開した米データ分析会社「コディファイ・ベースボール」公式ツイッターは、文面で「今季、アーロン・ジャッジとショウヘイ・オオタニに対してストライクと判定された球」と説明。米ファンから「ワオ。両方とも酷いな」とコメントが寄せられている。また、ジャッジが際どい判定を受けた映像を公開した別の投稿には「捕手の膝より低い」「信じられない」「靴ひもの位置じゃないか」と悲鳴が上がっている。

 ジャッジは2017年に新人王と本塁打王を獲得して大ブレーク。今季のレギュラーシーズンでは打率.287、39本塁打、98打点と活躍した。

(THE ANSWER編集部)

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集