[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、米難関大の学生紙が「完璧なMVP」と結論「球界は国際的市場とスターを得た」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は、今季二刀流の大活躍でMVP最有力候補に挙がっている。その活躍は、米名門大の歴史ある学生新聞でも「MVPになるべきだ」と指摘される程だ。世界屈指の医学部などを有するジョンズ・ホプキンズ大の学生紙「ジョンズ・ホプキンズ・ニュースレター」に特集が掲載されている。

エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

ジョンズ・ホプキンズ大の学生紙が大谷MVPと結論

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は、今季二刀流の大活躍でMVP最有力候補に挙がっている。その活躍は、米名門大の歴史ある学生新聞でも「MVPになるべきだ」と指摘される程だ。世界屈指の医学部などを有するジョンズ・ホプキンズ大の学生紙「ジョンズ・ホプキンズ・ニュースレター」に特集が掲載されている。

【特集】競技復帰を決意させた東京パラリンピック 未来へ繋ぐ感謝のバトン / パラバドミントン・鈴木亜弥子さんインタビュー(GROWINGへ)

 米国で有数の難関大学として知られるジョンズ・ホプキンズ大。特に医学部が有名で、新型コロナの研究にも長けているが、学生紙は1896年に創刊され、100年を超える歴史を誇っている。「ショウヘイ・オオタニはア・リーグのMVPになるべきだ」との見出しを打った記事では、タッド・バーケリー氏の意見がつづられている。

 同氏は、MVPのライバルとされるブルージェイズのブラディミール・ゲレーロJr.内野手と大谷を比較。「ゲレーロに比べて打撃面での成績は少し劣るが、彼らはどちらも本当に素晴らしかった。そして、彼(大谷)は野球界で最もデンジャラスな打者であると同時に、エリート級の投手であるという事実もある。これはゲレーロを含め、リーグでどの選手も持っていない要素であり、統計的に考えても彼がMVPである」と結論付けた。

 大谷は野手として46本塁打、100打点、26盗塁。投手としても9勝、156奪三振などを記録している。一方のゲレーロJr.も48発で本塁打王に輝き、打率.311、打点111と堂々の成績だ。これにバーケリー氏は「ゲレーロは打撃面で素晴らしいシーズンだったが、ショウヘイ・オオタニの二刀流選手としての革命的なシーズンには及ばない。野球界は国際的な市場とスター、そして完璧なMVP選手を得たのである」と、常識を覆す働きを見せた大谷に称賛を送っていた。

(THE ANSWER編集部)

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集