[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平の“ある力”にスペイン紙注目 エンゼルスはおかげで「ホッとできる」と指摘

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は、今季二刀流の活躍でア・リーグMVP最有力候補に挙がっている。野手としては46本塁打、26盗塁、投手としても9勝に156奪三振と活躍したが、チームはポストシーズンに進めなかった。ただスペイン紙は、エンゼルスが「大きな勝利を収めた」部分に注目。「ホッとできること」と言及している。

エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

球団SNSのフォロワー数について「最も多くを獲得」

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は、今季二刀流の活躍でア・リーグMVP最有力候補に挙がっている。野手としては46本塁打、26盗塁、投手としても9勝に156奪三振と活躍したが、チームはポストシーズンに進めなかった。ただスペイン紙は、エンゼルスが「大きな勝利を収めた」部分に注目。「ホッとできること」と言及している。

【注目】インターハイ2021「できっこないを、やる夏だ。」 インターハイ応援プロジェクト特設サイトはこちらから

 大谷の歴史的なシーズンが目立ったが、エンゼルスはマイク・トラウト外野手らを故障で欠き、投手陣の不安定さも解消されなかった。今季は77勝85敗で、ア・リーグ西地区4位。一方、同じロサンゼルスを本拠地とするドジャースはナ・リーグ西地区の優勝こそジャイアンツに譲ったが、106勝56敗でポストシーズン進出を果たしている。

 スペイン地元紙「AS」米国版は、「ポストシーズンには行けなかったが、エンゼルスはSNSで大きな勝利を収めた」との見出しを打って記事を掲載。「プレーオフを逃したエンゼルスだったが、ショウヘイ・オオタニの活躍により、SNSのフォロワー数が最も増加した」と注目している。

 記事では「MLBのプレーオフは天使の街の代表として、王者・ドジャースが戦っている。一方、この街のもう1つのチームであるエンゼルスはレギュラーシーズン中に複数のSNSで最も多くのフォロワーを獲得したチームとなった」と、球団としての注目度が上がったことを指摘していた。

 最大の要因となったのは、当然大谷の活躍だとも記している。「特にショータイムことショウヘイ・オオタニが活躍してからは日本からの新しいファンが増えている。これはホッとできることだろう」とつづっていた。エンゼルスは球団公式ツイッターで約126万人、公式インスタグラムも約100万人のフォロワーを獲得しているが、大谷の影響力は凄まじかったようだ。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集