[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平の“消えた141m弾”に324発男が仰天 敵地&米記者も呆然「カナダまで飛んだ」【今季の二刀流】

米大リーグのエンゼルス・大谷翔平は投手として9勝、打者として46本塁打、走っては26盗塁と歴史的シーズンを送った。MVPの発表に向け、二刀流の「凄さ」を月ごとに振り返る。今回は2か月連続の月間MVPに輝いた7月。同僚も仰天した33号ソロが飛び出したのは、9日(日本時間10日)の敵地マリナーズ戦だった。画面から消えてしまうような飛距離141メートルの一撃に、米記者からも「カナダまで飛ばした」と驚きの声があがっていた。

7月、同僚も仰天の33号ソロを放ったエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
7月、同僚も仰天の33号ソロを放ったエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

MVPへ大谷翔平の「凄さ」を回顧、目を見開くアプトンの姿も話題に

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平は投手として9勝、打者として46本塁打、走っては26盗塁と歴史的シーズンを送った。MVPの発表に向け、二刀流の「凄さ」を月ごとに振り返る。今回は2か月連続の月間MVPに輝いた7月。同僚も仰天した33号ソロが飛び出したのは、9日(日本時間10日)の敵地マリナーズ戦だった。画面から消えてしまうような飛距離141メートルの一撃に、米記者からも「カナダまで飛ばした」と驚きの声があがっていた。

【注目】インターハイ2021「できっこないを、やる夏だ。」 インターハイ応援プロジェクト特設サイトはこちらから

 ベンチもビビるとんでもない一撃だった。3回1死走者なし。大谷は相手左腕ゴンザレスが投じた内角高めの球を引っ張った。打った瞬間にそれとわかる打球は敵地がどよめく中、Tモバイルパーク右翼席にあるトップデッキに着弾する33号ソロとなった。大谷は事もなげにゆっくりとホームイン。米実況席からは「ホッホッホ……」と笑い声が漏れていた。

 中継画面から打球が見えなくなるほどの一発を、MLB公式ツイッターが動画で公開。米紙「ロサンゼルス・タイムズ」のジャック・ハリス記者は「カナダまで飛ばした」と衝撃をツイートした。またカナダメディア「ザ・スコア」公式ツイッターは、ベンチで見つめる同僚アプトンのリアクションに注目。通算324本塁打を記録しているベテランも帽子を脱いで両手で頭を抱え、着弾を確認すると口と目を大きく見開いて驚いていた。

 前半戦だけで松井秀喜氏の日本人シーズン最多本塁打記録を更新した大谷。27日(同28日)のロッキーズ戦でも140メートルを超える36号を放つなど、7月は9本塁打を記録した。オールスターゲームではMLB史上初の二刀流出場を果たし、前日のホームランダービーにも日本人初出場。歴史的なシーズンを送った。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集