[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、一塁へ向かう途中にさりげなくゴミ拾い 米感動「すべての子供の模範だ」【今季の二刀流】

米大リーグのエンゼルス・大谷翔平は投手として9勝、打者として46本塁打、走っては26盗塁と歴史的シーズンを送った。MVPの発表に向け、二刀流の「凄さ」を月ごとに振り返る。今回は6月。17日(同18日)の本拠地タイガース戦、四球となり一塁へ向かう途中、大谷がさりげなく行った“ゴミ拾い”。野球人の模範のようなシーンを公開した米メディアには、称賛の声が寄せられた。

6月、大谷がさりげなく行った“ゴミ拾い”に称賛の声が寄せられた【写真:AP】
6月、大谷がさりげなく行った“ゴミ拾い”に称賛の声が寄せられた【写真:AP】

MVPへ大谷翔平の「凄さ」を回顧、「打って」「投げて」だけじゃない魅力

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平は投手として9勝、打者として46本塁打、走っては26盗塁と歴史的シーズンを送った。MVPの発表に向け、二刀流の「凄さ」を月ごとに振り返る。今回は6月。17日(同18日)の本拠地タイガース戦、四球となり一塁へ向かう途中、大谷がさりげなく行った“ゴミ拾い”。野球人の模範のようなシーンを公開した米メディアには、称賛の声が寄せられた。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 11月6日オープン、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」とは

 大谷が凄いのは「打って」「投げて」だけじゃない。初回の第1打席、大谷が四球を選んだ場面だ。肘当てなどを受け取りに来たボールボーイの肩を優しく叩き、一塁へ歩き出した。すると、数歩行ったところで視線を落とし、何かに気づくとさっと拾い上げ、そのまま左ポケットに入れた。どうやらグラウンドに落ちていたゴミを回収した様子だ。大谷は平然としたまま、3冠王の一塁手カブレラがいるベースまで歩いて行った。

 ほんの一瞬で、日本でもあまり話題にならなかったシーン。これを見逃さなかったのは、米メディア「バーストゥール・スポーツ」公式ツイッターだ。「ショウヘイが一塁へ行く時に、ゴミが落ちていた。もちろん、彼はそれを拾い上げた。この男にできないことは何?」と紹介した。

 実際のシーンを動画付きで投稿すると、米ファンからは「私たちが必要としていたヒーローだ」「7ツールプレイヤー」「すべての子供に見てもらいたい偉大な模範」「投げて打って、地球のことまで考えているのか?」「大好きだ。一流の振る舞い」などと絶賛の声が寄せられた。

 この日は「2番・投手」で投打出場し、6回5安打1失点で今季3勝目を挙げた大谷。ゴミ拾いを大切にしていることはファンの間で知られているが、真剣勝負の合間に見せた振る舞いはひそかに話題を呼んだ。こうして野球人としての模範たる姿も、大谷がメジャーリーグの舞台で称賛される一つの要素になっているのは間違いない。

(THE ANSWER編集部)

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集