[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、ボンズ彷彿と衝撃与えた“完全ボール球”粉砕弾 米記者「目の高さ打った」【今季の二刀流】

米大リーグのエンゼルス・大谷翔平は投手として9勝、打者として46本塁打、走っては26盗塁と歴史的シーズンを送った。MVPの発表に向け、二刀流の「凄さ」を月ごとに振り返る。今回は5月。3試合連続本塁打を放つなどパワーを見せつけたが、17日(日本時間18日)に放った13号3ランは特に強烈だった。高めの完全なボール球をお構いなしにはじき返した一撃を、米記者は「ボンズのよう」と評したほか、メジャー通算251勝を誇る左腕も称えた。

13号3ランを放ち、チームメイトに祝福されるエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
13号3ランを放ち、チームメイトに祝福されるエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

MVPへ大谷翔平の「凄さ」を回顧、お構いなしに運んだ一発とは…

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平は投手として9勝、打者として46本塁打、走っては26盗塁と歴史的シーズンを送った。MVPの発表に向け、二刀流の「凄さ」を月ごとに振り返る。今回は5月。3試合連続本塁打を放つなどパワーを見せつけたが、17日(日本時間18日)に放った13号3ランは特に強烈だった。高めの完全なボール球をお構いなしにはじき返した一撃を、米記者は「ボンズのよう」と評したほか、メジャー通算251勝を誇る左腕も称えた。

【注目】インターハイ2021「できっこないを、やる夏だ。」 インターハイ応援プロジェクト特設サイトはこちらから

 誰もが驚く一撃だ。インディアンス戦に「2番・DH」で先発出場した大谷。2回1死一、三塁の第2打席で、相手左腕ヘンジスが投じた高め94マイル(約151キロ)をはじき返した。完全なボール球だったが、関係ない。豪快な打球は右翼席へ飛び込む13号3ランとなった。米実況席も「オーマイグッドネス!」と連呼。大谷は貫禄たっぷりにホームインした。

 実際の映像をMLB公式ツイッターが公開すると、米記者も続々と速報。米ロサンゼルスのラジオ局「KLAA」の番組「エンゼルス・リキャップ・ポッドキャスト」でホストを務めるトレント・ラッシュ氏は「ショータイム! ショウヘイ・オオタニがバリー・ボンズのような本塁打を叩き込んだ。なんてことだ!」と興奮をツイッターに書き記した。

 米スポーツ専門メディア「ジ・アスレチック」などで執筆していたブレント・マグワイア記者も「目の高さの球を打って431フィート(約131メートル)飛ばした」とツイッターに記載したほか、MLB通算251勝を誇るCC・サバシア氏も「オオタニについて、俺の言った通りだろ」などと投稿。自身がホストを務めるポッドキャスト番組「R2C2」で大谷を絶賛していたが、改めて敬意を示した。

 大谷はこの一撃で本塁打数メジャー単独トップに浮上。5月は計8本塁打を放ったほか、投手としては勝利こそつかなかったものの4試合に登板した。最終的には投手で130回1/3、156奪三振、野手で100打点、138安打、103得点とし、メジャー史上初の投打5部門で「100」に到達。MVP大本命として注目される。

(THE ANSWER編集部)

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集