[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥、対抗王者ドネア&カシメロへ堂々宣言 次戦は「リードパンチで倒します」

ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)の次戦は、映像配信サービス「ひかりTV」と「ABEMA」のペイ・パー・ビュー(PPV)で生配信することが18日、発表された。12月14日にWBA8位・IBF5位アラン・ディパエン(タイ)との防衛戦(東京・両国国技館)を予定。この日は、都内で「PXB WORLD SPIRITS~井上尚弥 WBA・IBF世界バンタム級タイトルマッチ~配信に関する記者会見」に出席し、自身初のPPV配信となる試合への意気込みなどを語った。

記者会見に出席し、意気込みを語った井上尚弥
記者会見に出席し、意気込みを語った井上尚弥

井上尚弥防衛戦をひかりTV&ABEMAが生中継

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)の次戦は、映像配信サービス「ひかりTV」と「ABEMA」のペイ・パー・ビュー(PPV)で生配信することが18日、発表された。12月14日にWBA8位・IBF5位アラン・ディパエン(タイ)との防衛戦(東京・両国国技館)を予定。この日は、都内で「PXB WORLD SPIRITS~井上尚弥 WBA・IBF世界バンタム級タイトルマッチ~配信に関する記者会見」に出席し、自身初のPPV配信となる試合への意気込みなどを語った。

【特集】競技復帰を決意させた東京パラリンピック 未来へ繋ぐ感謝のバトン / パラバドミントン・鈴木亜弥子さんインタビュー(GROWINGへ)

 井上が国内で試合するのは、2019年11月のワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)決勝のノニト・ドネア(フィリピン)戦以来、2年1か月ぶりだ。直近2戦は米ラスベガスで戦い、今回はWBA6度目、IBF4度目の防衛戦。井上の国内世界戦の地上波生中継がないのは初となる。

 井上はバンタム級で4団体統一を目指している。ターゲットはWBC王者ドネアとWBO王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)。両者は自身の3日前の12月11日に次戦を予定している。今回の相手は実力者ではないだけに「リードパンチで倒す」と意気込みを示した。

 リードパンチはジャブなど試合を組み立てるパンチで、大きなダメージを与えるパンチを当てるために放つもの。発言の真意を問われると「リードパンチで倒すという言葉は3日前のドネア、カシメロへのメッセージ」と説明。続けて「それくらいのものを見せないといけない。そのくらいの実力を見せて勝ちたいということです」と明かし、PPVへの考えについてはこう語った。

「アメリカでは主流というか当たり前のコンテンツ。日本では初めてで皆さん馴染みがない。時代も変わってボクシングを見るならPPVという流れになる。この一発目、しっかり成功させたい」

 販売は18日午後2時スタート。ひかりTVは3960円、ABEMAはクレジット決済が3300コイン(3960円相当)、アプリ決済が4720コイン(5664円)となっている。井上は、18年5月からNTTぷららおよびアイキャストが運営する「ひかりTV」とメインスポンサー契約。同社は7月から大橋ジムの興行「フェニックスバトル」を生配信していた。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集