[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥の「ザ・モンスター」はBOX界3大愛称? 米紙「米ファンにとってはただ…」

ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は12月14日に東京・両国国技館でIBF同級6位アラン・ディパエン(タイ)と対戦する。その強さとともに「モンスター」という異名も世界に知られているが、米メディアはボクシング界で有名な3つのニックネームを挙げ、「米国の多くのファンにとっては、ナオヤ・イノウエはただザ・モンスターだ」と紹介している。

WBAスーパー&IBF世界バンタム級王者の井上尚弥【写真:AP】
WBAスーパー&IBF世界バンタム級王者の井上尚弥【写真:AP】

愛称「ブーツ」の新星特集で登場した「カネロ」「タンク」「ザ・モンスター」

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は12月14日に東京・両国国技館でIBF同級6位アラン・ディパエン(タイ)と対戦する。その強さとともに「モンスター」という異名も世界に知られているが、米メディアはボクシング界で有名な3つのニックネームを挙げ、「米国の多くのファンにとっては、ナオヤ・イノウエはただザ・モンスターだ」と紹介している。

【特集】競技復帰を決意させた東京パラリンピック 未来へ繋ぐ感謝のバトン / パラバドミントン・鈴木亜弥子さんインタビュー(GROWINGへ)

「ジャロン・エニスはいつか、ブーツとしてだけ知られることを願う」という見出しで特集したのは米地元紙「ラスベガス・レビュー・ジャーナル」だった。

 IBFウェルター級世界ランク3位のジャロン・エニス(米国)は10月30日(日本時間31日)にラスベガスで行われたトーマス・デュローム(プエルトリコ)戦で圧巻の1ラウンドTKO勝利を収めた。「ブーツ」というニックネームが浸透することを切望していた28戦全勝のハードパンチャーについて特集した記事内で、ボクシング界でニックネームで有名なファイター3人を紹介している。

「ボクシングの世界ではニックネームのみ認識されるということは名誉の証だ。カネロをファーストネームのサウルと呼ぶ人間は誰もいない。ガーボンタ・デービスはシンプルにタンクだ。アメリカの多くのファンにとって、ナオヤ・イノウエはただ、ザ・モンスターだ」

 4階級制覇王者のカネロこと、サウル・アルバレス(メキシコ)、3階級制覇王者のガーボンタ・デービス(米国)という人気の世界チャンピオンとともに、ボクシングの本場・米国でのモンスターの異名がいかに浸透しているのかに言及。特集の主役こそエニスではあるが、その中で登場するほど、井上の認知度は高まっているようだ。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集