[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

渋野日向子、V争いで忘れなかった敬意と闘志 ペ・ソンウとの激戦「楽しめました」

女子ゴルフの国内ツアー「樋口久子・三菱電機レディス」は31日、埼玉・武蔵丘GC(6650ヤード、パー72)で最終日が行われた。首位で出た渋野日向子(サントリー)がペ・ソンウ(韓国)とのプレーオフを制し、今季2勝目、国内ツアー6勝目を挙げた。プレーオフでは1ホール目で鮮やかなイーグルを決めて勝利。優勝を争ったソンウとは互いに楽しみ、称えながらラウンドしたが、会見では相手に対する敬意と闘志の一端を見せた。(取材・文=THE ANSWER編集部・柳田通斉)

プレーオフを制し、今季2勝目を挙げた渋野日向子【写真:Getty Images】
プレーオフを制し、今季2勝目を挙げた渋野日向子【写真:Getty Images】

樋口久子・三菱電機レディスで優勝、国内ツアー6勝目

 女子ゴルフの国内ツアー「樋口久子・三菱電機レディス」は31日、埼玉・武蔵丘GC(6650ヤード、パー72)で最終日が行われた。首位で出た渋野日向子(サントリー)がペ・ソンウ(韓国)とのプレーオフを制し、今季2勝目、国内ツアー6勝目を挙げた。プレーオフでは1ホール目で鮮やかなイーグルを決めて勝利。優勝を争ったソンウとは互いに楽しみ、称えながらラウンドしたが、会見では相手に対する敬意と闘志の一端を見せた。(取材・文=THE ANSWER編集部・柳田通斉)

【特集】競技復帰を決意させた東京パラリンピック 未来へ繋ぐ感謝のバトン / パラバドミントン・鈴木亜弥子さんインタビュー(GROWINGへ)

 渋野は3度も2位に後退した。「左足下がりで右へのミスが多かった」。言葉通り、調子は決して良くなかった。ただ、表情はにこやかだった。ソンウとのデッドヒート、プレー、会話を心から楽しんでからだろう。

「ソンウさんとはプレーのリズムがすごく合うので、今日は楽しみにしていましたし、楽しめました」

 1打を争う中でも、ソンウがバーディーを決めると「ナイス」と言って笑顔になった。逆に外せば、膝を折るリアクションで残念がった。ソンウも渋野に対して同様だった。激戦を振り返る優勝会見で「これだけのデッドヒートで相手のミスを待ったり、少し期待したりする思いは」と問うと、渋野は「なかったです」と即答した。

「私としてはスポーツマンシップを大事にしていますし、相手のいいプレーには自分も頑張らなきゃと思わされる。今回もソンウさんは長いパットも入っていて、逆に自分の足りないところが見えるなと思いながら回っていた分、自分は自分と思って回ることができました」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集