[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

渋野日向子が今季2勝目! またもペ・ソンウとのPO制す…一時2打差も鮮烈イーグル締め

女子ゴルフの国内ツアー「樋口久子・三菱電機レディス」は31日、埼玉・武蔵丘GC(6650ヤード、パー72)で最終日が行われた。首位で出た渋野日向子(サントリー)は、5バーディー、3ボギーの70。通算9アンダーでペ・ソンウ(韓国)とのプレーオフに突入し、1ホール目で鮮やかにイーグルを奪って優勝。今季2勝目、国内ツアー6勝目を挙げた。

今季2勝目を挙げ、トロフィーを手にする渋野日向子【写真:Getty Images】
今季2勝目を挙げ、トロフィーを手にする渋野日向子【写真:Getty Images】

「樋口久子・三菱電機レディス」最終日

 女子ゴルフの国内ツアー「樋口久子・三菱電機レディス」は31日、埼玉・武蔵丘GC(6650ヤード、パー72)で最終日が行われた。首位で出た渋野日向子(サントリー)は、5バーディー、3ボギーの70。通算9アンダーでペ・ソンウ(韓国)とのプレーオフに突入し、1ホール目で鮮やかにイーグルを奪って優勝。今季2勝目、国内ツアー6勝目を挙げた。

【特集】競技復帰を決意させた東京パラリンピック 未来へ繋ぐ感謝のバトン / パラバドミントン・鈴木亜弥子さんインタビュー(GROWINGへ)

 前日は4連続バーディーを記録するなど好調。首位で迎えたこの日も出だし1、2番で連続バーディーを奪った。しかし4、5番では連続ボギー。同じく首位で出たペ・ソンウが7番をバーディーとしたことで、渋野は2位に後退した。8番でバーディーを奪って再び首位に並んだが、ペ・ソンウが9番でスコアを伸ばしたため、前半は1打差の2位で折り返した。

 後半、渋野は15番パー3で痛恨のボギー。それでも16番パー5ではバーディーを奪取。見事なバウンスバックを見せるなど粘り、18番パー5でも2オンからバーディー。2打差でリードしていたペ・ソンウが3オン3パットとしたことで並び、プレーオフに突入した。

 プレーオフは18番で行われ、1ホール目で渋野はピンから3メートルの位置に2オン成功。鮮やかなイーグル締めで今季2勝目を掴み、右手でガッツポーズを作った。試合後のテレビインタビューでは「スタートから手に汗握り、緊張しながら回ってました。最後18番はイーグル狙いでした。3番ウッドでした。クッションするしかないところで、運が良かったです。パットは上りでした。うれしいです」と喜びを口にした。

 渋野は3週前のスタンレーレディスで1年11か月ぶりに優勝。この時もペ・ソンウらと優勝を争い、最後はプレーオフを制して涙した。前週のNOBUTA GROUP マスターズGC レディースは予選落ちだったものの、直近7戦中6試合でトップ10入りを果たすなど好成績が続いている。

(THE ANSWER編集部)

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集