[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

渋野日向子が1打差3位浮上 「むしゃくしゃ」の後半粘り2週連続V射程「少しは大人に」

女子ゴルフの国内ツアー・富士通レディース第2ラウンド(R)が16日、千葉・東急セブンハンドレッドC(パー72、6679ヤード)で開催された。前週、約1年11か月ぶりに優勝した渋野日向子(サントリー)は、8バーディー、2ボギー。今季自身ベストスコアタイの66で通算11アンダーとし、5位から首位に1打差の3位に浮上した。17日の最終Rは、首位で通算12アンダーの勝みなみ(明治安田生命)、古江彩佳(富士通)との最終組から2週連続優勝を狙う。

首位に1打差の3位に浮上した渋野日向子【写真:Getty Images】
首位に1打差の3位に浮上した渋野日向子【写真:Getty Images】

富士通レディース第2R

 女子ゴルフの国内ツアー・富士通レディース第2ラウンド(R)が16日、千葉・東急セブンハンドレッドC(パー72、6679ヤード)で開催された。前週、約1年11か月ぶりに優勝した渋野日向子(サントリー)は、8バーディー、2ボギー。今季自身ベストスコアタイの66で通算11アンダーとし、5位から首位に1打差の3位に浮上した。17日の最終Rは、首位で通算12アンダーの勝みなみ(明治安田生命)、古江彩佳(富士通)との最終組から2週連続優勝を狙う。

【特集】競技復帰を決意させた東京パラリンピック 未来へ繋ぐ感謝のバトン / パラバドミントン・鈴木亜弥子さんインタビュー(GROWINGへ)

 渋野はしぶとかった。13、14番を連続ボギーにするも、16、17番で連続バーディー。集中した表情のまま最終18番パー4の第1打を放った。ボールは270ヤード先のフェアウェー中央をとらえ、第2打をピン右3メートルにつけた。バーディーパットは外したが、最終Rは1打差首位の勝、古江と最終組で回ることになった。

「後半はむしゃくしゃしました。でも、少しは大人になりましたかね。トータルで見たら6つ伸ばせましたし、明日につながるゴルフができたと思います。気持ち悪かったショットは昨日よりはましでした。寝たら直った感じで、縦距離も合うところが多かったです」

 前半の9ホールは、6バーディー、ボギーなしの30で、瞬く間に単独首位に立った。しかし、13番で今大会初めてのボギーをたたいた。「1メートルの曲がらないラインをひっかけました」。これが唯一のミスパットだったが、実は、トップ10入りが始まった4週前からパットには手応えを感じていた。

「いろんなコースを経験する中で、曲がるラインでもジャストタッチで打てるようになってきました。前よりも深くラインを読めるようになった感じです」

 今大会も5メートル以内のパットを多く決めている。伸ばし合いの様相で最終的には「パット勝負」になる展開が予想されるが、今の渋野は「勝てる要素」を持ち合わせている。

 1年11か月ぶりの優勝となった前週は2打差からの逆転。今回は1打差で、「狙わないわけにはいかない位置」と表現した。それでも、強気一辺倒だった2019年当時とは違う言葉で、最終Rのポイントを語った。

「明日は天気も崩れるかもしれませんし、出だし攻めることができるか分かりません。1打1打集中して、リスクの少ないゴルフをしたいです。18番はムズ過ぎて、ヤベ~バンカーもあります。できれば、そこで狙わなくていい展開にしたいですね」

 強さを取り戻し、大人になった渋野が、努めて冷静に自身初の2週連続優勝を狙いにいく。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集