[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

5位渋野日向子、思わず「ナイスキャディー」 2週連続Vへ「狙えない位置じゃない」

女子ゴルフの国内ツアー・富士通レディースが15日、千葉・東急セブンハンドレッドC(6679ヤード、パー72)で開幕した。前週、約1年11月ぶりの優勝を飾った渋野日向子(サントリー)は5バーディー、ボギーなしの67で回り、5アンダーで5位発進した。ショットは「気持ち悪い状態」と言いつつも、好調なパットとキャディーの好アドバイスに助けられたことを明かした。勝みなみ(明治安田生命)が9アンダーで単独首位。

5位発進の渋野日向子はコースで笑顔も見せた【写真:Getty Images】
5位発進の渋野日向子はコースで笑顔も見せた【写真:Getty Images】

富士通レディース開幕

 女子ゴルフの国内ツアー・富士通レディースが15日、千葉・東急セブンハンドレッドC(6679ヤード、パー72)で開幕した。前週、約1年11月ぶりの優勝を飾った渋野日向子(サントリー)は5バーディー、ボギーなしの67で回り、5アンダーで5位発進した。ショットは「気持ち悪い状態」と言いつつも、好調なパットとキャディーの好アドバイスに助けられたことを明かした。勝みなみ(明治安田生命)が9アンダーで単独首位。

【特集】競技復帰を決意させた東京パラリンピック 未来へ繋ぐ感謝のバトン / パラバドミントン・鈴木亜弥子さんインタビュー(GROWINGへ)

 渋野はボギーなしのラウンドにも、少し不満げだった。「パッと見には安定した感じでしたが、気持ち悪い感じで回っていました」。理由はショットのフィーリングで「朝の練習から合わなくて、ドライバーの飛距離は10ヤード違いました。アイアンも当たらずです。その中でよく我慢してやったと思います」と振り返った。

 確かにショットはピンに絡まずとも、パットがさえた。2番パー4、5番パー4と4メートルのバーディーパットを沈め、13番パー3でも同じ距離のパーパットを沈めた。7番パー5では、残り20ヤードのバンカーショットを1メートルに寄せてスコアを伸ばした。

「少しくぼんだライだったので、58度ではなく52度のウェッジで打ちました。落ちて少し転がるように計算して」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集