[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

松山英樹、五輪V争い中の“カップイン追いかけ”に米記者注目「笑い声なく拾い上げた」

東京五輪の男子ゴルフは31日、第2ラウンド(R)の残りと第3Rが埼玉・霞ケ関CC(7447ヤード、パー71)で行われた。首位と2打差で出た松山英樹(LEXUS)が5バーディー、1ボギーの67で回り、通算13アンダー。首位と1打差の2位となった。3番では約7メートルのバーディーパットを沈めたが、米記者はカップインする前からボールの方へ向かった松山に注目。「残り1.8メートルで歩き始める」などと伝えている。

松山英樹は第3Rを終え首位と1打差の2位につけた【写真:AP】
松山英樹は第3Rを終え首位と1打差の2位につけた【写真:AP】

東京五輪・男子ゴルフ第3ラウンド

 東京五輪の男子ゴルフは31日、第2ラウンド(R)の残りと第3Rが埼玉・霞ケ関CC(7447ヤード、パー71)で行われた。首位と2打差で出た松山英樹(LEXUS)が5バーディー、1ボギーの67で回り、通算13アンダー。首位と1打差の2位となった。3番では約7メートルのバーディーパットを沈めたが、米記者はカップインする前からボールの方へ向かった松山に注目。「残り1.8メートルで歩き始める」などと伝えている。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 途中で確信したのだろうか。3番パー4。松山は第2打でピン奥およそ7メートルにつけると、絶妙なタッチでバーディーパットを打った。すると、カップインする前からボールの方へ向かって歩き出した。見事にバーディーを記録したボールを、表情を変えずすぐに拾い上げていた。

 実際の映像を米テレビ局「ABC30 アクション・ニュース」のスポーツディレクター、スティーブ・ヒックス氏が自身のツイッターに公開。また、米専門メディア「ゴルフ.com」のショーン・ザック記者は、「このパットが残り少なくとも6フィート(約1.8メートル)となり、ヒデキが歩き始める。笑顔も笑い声もなくそれを拾い上げた。次へ!」とツイートした。今年のマスターズを制した松山。五輪チャンピオンも掴めるか、最終ラウンドも注目される。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集