[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

日本が実力で勝ちきったスコットランド戦 箕内拓郎の目「MVPはフロントロー」

元日本代表の箕内拓郎氏【写真:編集部】
元日本代表の箕内拓郎氏【写真:編集部】

安定したボール供給を続けたスクラムを評価「MVPはフロントロー」

 日本は前半からよくボールを動かして、グラウンドを広く、外を使いながら攻め込んでいた。いいテンポのアタックができていたので、途中から追いかける形になったスコットランドは、前半が終わる頃には疲弊していました。おそらく、勝ち点でハンデがあったスコットランドは、いつも以上にプレッシャーを感じていたんでしょう。時間が経つとともに動きが硬くなり、窮屈なプレーをしているように見えました。試合が始まる前から、日本は心理的に有利な状況を作れていました。

【PR】トップリーグは「DAZN」で見られる! リーチ、稲垣、姫野ら、W杯戦士もズラリ… 今なら初月無料キャンペーン実施中!

 僕にとって、この試合のMVPはフロントロー、前列の3人です。もちろん、快足を飛ばしてトライを決めた松島、福岡も素晴らしい。でも、彼らにボールを繋げたのも、堀江、稲垣、具が見せたスクラムの安定感があったからこそ。堀江はレフェリーとしっかりコミュニケーションを取っていたし、稲垣は代表初トライも決めました。具は前半で負傷交代してしまいましたが、代わりに入ってきたヴァル、後半から出場した中島、坂手といったリザーブ陣も変わらぬ安定感があった。スクラム担当コーチの長谷川慎さんの存在が大きいですね。選手が慎さんを信頼し、慎さんも選手を信頼する中で生まれたセットピースの安定感だと思います。

 4戦全勝という最高の形で決勝トーナメント進出を決めたわけですが、決してまぐれではなく、日本が実力を上げた結果です。初戦のロシア戦こそ、少し動きに硬さがありましたが、その後の3試合は日本らしい試合運びで勝ちきりました。日本のベスト8進出は、日本だけではなくティア2の国にとっても大きな勇気になったと思います。日本でW杯が開催されると決まった後も、果たして決勝トーナメントまで残れるのかと心配する声が上がっていましたが、見事目標を達成しました。ベスト8は、僕も足を踏み入れたことのない世界。新しい歴史が生まれました。

1 2 3
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集