[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

【PR】八村塁らの活躍を見逃すな! DAZNがバスケW杯をライブ配信決定、特別コンテンツも充実

サッカー・Jリーグやプレミアリーグ、NPBなど、次々にコンテンツを拡充しているスポーツ・チャンネル「DAZN(ダゾーン)」。8月31日に中国で開幕を迎えるFIBAワールドカップ2019をライブ配信することが決定した。

八村塁【写真:荒川祐史】
八村塁【写真:荒川祐史】

31日に中国で開幕するW杯をライブ配信決定、最強の日本代表の試合をDAZNで

 サッカー・Jリーグやプレミアリーグ、NPBなど、次々にコンテンツを拡充しているスポーツ・チャンネル「DAZN(ダゾーン)」。8月31日に中国で開幕を迎えるFIBAワールドカップ2019をライブ配信することが決定した。

【PR】W杯日本戦をライブ観戦できる! 見逃せない八村&渡邊らの活躍… DAZN入会方法はここでチェック

 3大会ぶり5度目の出場を果たした男子日本代表。32か国が争う1次ラウンドではグループEに入り、トルコ、チェコ、米国と激突することが決まっている。

 ウィザーズから日本人初のNBAドラフト1巡目全体9位指名を受けた八村塁、グリズリーズと2WAYプレイヤー契約を結んでいる渡邊雄太が世界の列強相手にどんな戦いを見せてくれるのか、大きな期待と注目を集めている。

 DAZNでは日本代表のみならず、大会3連覇を狙う米国、ギリシャ、カナダ、スペイン、セルビアなど強豪国の試合を配信予定。大会前には4連敗と出遅れながらも、怒涛の8連勝で本大会進出を決めた「アカツキ・ファイブ」のアジア予選の激闘を再配信し、代表選手のインタビューも放送。チームの裏側に迫る特別コンテンツも準備している。

 スポーツコンテンツ界の「黒船」と呼ばれるDAZNだが、まだ馴染みの薄いファンもいるかもしれない。DAZNが3分間でわかる「7つのポイント」を紹介したい。

■DAZNが3分間でわかる「7つのポイント」

 1.DAZNとは何か?

 英国を拠点とした「Perform Group」が、2016年8月にスタートさせたスポーツ・チャンネル。リアルタイムだけではなく、好きな時、好きな場所で、好きな競技、好きな試合をスマートフォンやタブレット、PC、家庭用テレビなど、インターネットに接続された環境で、楽しむことができる。現在は日本、ドイツ、オーストリア、スイス、カナダ、米国、イタリア、スペイン、ブラジルの9か国でサービスが展開されている。

 2.世界の名手のスーパープレーをライブで楽しめる!

 FIBAバスケットボールワールドカップ2019では連日の熱戦をライブで配信予定。9月1日には日本対トルコ戦、米国対チェコという激戦区のグループEから15日の決勝戦まで連日ライブ放送予定となっている。

 ライブ配信は番組表をご覧ください。URL:https://watch.dazn.com/ja-JP/schedule/
※配信時間はすべて日本時間での記載になります

 3.特別コンテンツも見逃すな!

「Akatsuki Rewind」と題した日本代表のワールドカップアジア予選の試合を再配信中。八村塁、比江島慎、篠山竜青、ファジーカス・ニック、竹内譲次、渡邉雄太ら代表メンバーのインタビューコンテンツも順次配信中だ。

 4.バスケだけではない! DAZNの圧倒的なコンテンツ数

 DAZNで視聴できるスポーツのジャンルは多種多用だ。バスケ日本代表の参戦するワールドカップのみならず、サッカーでは、Jリーグを全試合独占配信しているほか、イングランド・プレミアリーグも今季から独占放映をスタート。2018-19シーズンからUEFAチャンピオンズリーグ(CL)、UEFAヨーロッパリーグ(EL)、UEFAスーパーカップを3年間にわたって独占放映しており、リーガ・エスパニョールの熱戦も放送中だ。

 プロ野球ではセ・パ両リーグ合わせて10球団の公式戦を配信中。巨人、阪神、DeNA、日本ハム、楽天、西武、ロッテ、オリックス、ソフトバンクは公式戦主催全試合、中日は一部を除く公式戦主催試合を配信する。巨人の主催試合を配信するのは今季が初めてだ。

 また、MLBは公式戦を1日最大4試合、観戦可能。エンゼルスの大谷翔平投手ら日本人選手の躍動もいつでもチェックできる。

 野球は国内外合わせて年間1450試合以上を配信中で、圧倒的なコンテンツ量を誇っている。

 また、昨年の全米オープンと今年1月の全豪オープンを制覇し、男女通じて日本人初の世界ランキング1位に輝いた大坂なおみ選手(日清食品)が大ブレークしている女子テニスWTAのツアーやボクシングの世界戦、バレーボールにゴルフなども網羅しており、様々なスポーツを愛する人たちにとって豊富な選択肢を手にすることができる。

■便利な「リマインダー」「データセーブ機能」も

 5.便利な機能「リマインダー」「データセーブ」

 設定した試合の放映開始を事前にプッシュ通知で知ることができる「リマインダー機能」は昨年スタート。リマインダー設定ボタンが試合視聴選択画面に表示され、このボタンを押すことで試合開始の約10分前にプッシュ通知が配信される。アプリを起動していない時でも事前に設定しておくことで、モバイル上もお知らせが届くため、気になる試合を見逃すことなく楽しめる。

 モバイルアプリの使用データ量を制限する「データセーブ機能」も昨年開始。モバイルアプリの「その他」の項目に「データセーブ」という新機能が追加となった。データセーブ機能をオンにすると、3G/4G/LTE使用時や、テザリングやモバイルなどのWi-Fi使用時、それぞれのパケット通信量を節約できる。デバイスや通信環境によっても異なるが、データ使用はそれまでの約7分の1とスリム化に成功している。

 6、気になるお値段は? プリペイドカードでの支払いも可能に。

 現状で設定されている料金は、以下の3タイプとなっている。

【一般ユーザー】
 DAZNの通常の月額料金は1750円(税抜)で、全てのコンテンツが見放題。2018年からプロ野球コンテンツが一気に拡充し、今年からは巨人主催試合もラインナップに加わったが、価格は据え置きとなっている。

【docomoユーザー】
「DAZN for docomo」を利用することで、月額980円(税抜)という破格の料金が実現。視聴できるコンテンツに違いはない上、一般ユーザーの半額近くという、かなりお値打ちな料金設定となっている。

 支払いについては、昨年8月にDAZNプリペイドカードの販売を開始。全国の主要家電量販店や一部コンビニエンスストアで購入可能で、さらに手軽にDAZNでスポーツを楽しめるようになった。

 カードの種類は、視聴期間1か月(1750円/1890円税込)、3か月(5250円/5670円税込)、5か月(8750円/9450円税込)の3種類。セブンイレブン、ファミリーマート、ローソン、ミニストップのコンビニエンスストア各店舗で販売しているDAZNチケットに加え、DAZNプリペイドカードを購入することによって、クレジットカードやデビットカードを登録することなくDAZNを楽しめる。

■いつでもどこでも、様々なデバイスで視聴できる「マルチチャンネル」

 7.DAZNを視聴できる端末は? いつでもどこでも、様々なデバイスで見られる「マルチデバイス」

 スマートフォンやタブレット、PC、ゲーム機、テレビなどインターネットに接続されている様々なデバイスで楽しめる。一つのアカウントで6つの端末まで登録可能で、同時に2つの端末で視聴できる。端末さえ準備できれば、同時開催の2試合を同時に堪能できることも大きなメリットだ。

■モバイル&タブレット
DAZNアプリをiOSまたはAndroidからダウンロード
※iOS:10.0以上のデバイス、Android:4.4以上のデバイス

■パソコン
Google Chrome
Safari
Firefox
Internet Explorer
Microsoft Edge
※Windows8.1、Windows10、MacOSX以上のデバイス

■テレビ
Android TV(SONY 等)
Panasonic Smart TV (2014+)
LG Smart TV (2014+)
TOSHIBA Smart TV
Sony Smart TV (2014+)
DIGAブルーレイディスクレコーダー(2016+)
Amazon Fire TV
Fire TV Stick
Google Chromecast
Apple TV
ひかりTV
Air Stick
Air Stick 4K
ドコモテレビターミナル

■ゲーム機
PlayStationR3
PlayStationR4
PlayStationR4 Pro
Xbox One

(THE ANSWER編集部)