[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 東京五輪の新星? ビル5階分を5秒で駆ける「クライミング界のボルト」が海外で話題

東京五輪の新星? ビル5階分を5秒で駆ける「クライミング界のボルト」が海外で話題

スポーツクライミングのワールドカップ(W杯)ボルダリング第4戦が6日から2日間、東京・八王子で初めて開催されるが、20年東京五輪に追加種目として初採用された競技の注目度は海外でも高まりを見せている。

スピードクライミングで衝撃の世界新、20年東京五輪採用の新種目に”クモ男”出現?

 スポーツクライミングのワールドカップ(W杯)ボルダリング第4戦が6日から2日間、東京・八王子で初めて開催されるが、20年東京五輪に追加種目として初採用された競技の注目度は海外でも高まりを見せている。カナダ「CBC」はW杯のスピードクライミング部門で驚異の世界記録をマークし、優勝したイラン人選手を「スポーツクライミング界のウサイン・ボルト」と称賛。衝撃の試合映像を公開している。

「オリンピック競技のウォール・クライミング、最速は『ペルシャのチーター』」と報じた記事では、4月30日に中国・南京で行われたスピードクライミングW杯で驚異のワールドレコードが生まれたことを紹介している。

 ボルダリングはロープを使わず、設定された複数のルートを時間内に何本登ったかを競うが、スピードクライミングはいかに速く壁を登りきるかというスピード感あふれる競技だ。

 記事によれば「ペルシャのチーター」の異名を持つ23歳のレザ・アリポワ(イラン)が15メートルの壁を5秒48で登り、ボルドィレフ(ウクライナ)が持つ世界記録(5秒60)を0秒12更新。2位は5.61秒、3位が7.36秒だったという。

 記事には、実際の試合映像が公開されており、アリポワはあたかも重力に逆らうかのようにビル5階分に相当する垂直の壁を“駆け抜けて”いる。その姿は衝撃的で、スパイダーマンのようでもある。

1 2 3
DAZN(ダゾーン)|スポーツを観よう! ライブも見逃した試合も いつでも、どこでも
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー