[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

相手が体重超過しても戦った理由 ボクサー人生を考えた岩佐亮佑「僕が生き急いでいる」

岩佐「だから、試合を成立させてほしかった」

 17年9月にIBF世界スーパーバンタム級王座を奪取。初防衛後の18年8月に王座を失ったが、19年12月に同級暫定王座決定戦を11回TKOで制して返り咲いた。しかし、昨年4月にWBAスーパー&IBF統一王者ムロジョン・アフマダリエフ(ウズベキスタン)との王座統一戦で5回TKO負け。ストップのタイミングに対し、海外メディアやファンから「早すぎる」との声が上がるなど不完全燃焼に終わっていた。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 現役引退もよぎりながら試合1か月半後に再起を発表。今年12月に33歳になる。日本での試合は4年2か月ぶり。何としてもリングに立ちたかった。

「やっぱり悔いを残したくない。控室でチームにも言いましたけど、『もう長くない』と。今回で引退もあると考えていたし、一戦、一戦が全てだと思っていた。ウズベキスタンで(完全燃焼が)できなくて終わった。悔いだけ残さないように。打ち合う時は打ち合う、逃げないと思っていた。恐れず覚悟を決めていけた」

 本人も美談にしているわけではない。何か起きれば一大事だった。危険な試合だったことは誰よりも理解している。

「スポーツのルールに則るのは大前提。ただ、それ以上に僕が生き急いでいる。1年半も試合をしていなくて、これで試合が飛んで、また体を作り直して、交渉もしないといけない。それが嫌だった。だから、試合を成立させてほしかった。むしろ、相手には逃げずにリングに上がってくれて感謝しています。例えば何も言わずに計量オーバーして、試合がなくなるのは嫌。逃げずにリングに上がってくれたことに感謝したい」

 今後はフェザー級で世界王者を目指す。

(THE ANSWER編集部)(THE ANSWER編集部・浜田 洋平 / Yohei Hamada)



1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集