[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

女子ゴルフ青木瀬令奈、優勝争い中に思わず笑った出来事明かす「私より喜んでいて…」

女子ゴルフの国内ツアーの資生堂レディス最終日が3日、神奈川・戸塚CC(6570ヤード、パー72)で行われ、29歳の青木瀬令奈(フリー)が通算14アンダーでツアー通算3勝目を挙げた。大会記録を2打更新。優勝後には日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)のインタビュー映像に登場。ラウンド中に「思わず笑ってしまった」出来事も明かしている。

資生堂レディスでツアー3勝目を挙げた青木瀬令奈【写真:Getty Images】
資生堂レディスでツアー3勝目を挙げた青木瀬令奈【写真:Getty Images】

資生堂レディスで1年1か月ぶりに優勝

 女子ゴルフの国内ツアーの資生堂レディス最終日が3日、神奈川・戸塚CC(6570ヤード、パー72)で行われ、29歳の青木瀬令奈(フリー)が通算14アンダーでツアー通算3勝目を挙げた。大会記録を2打更新。優勝後には日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)のインタビュー映像に登場。ラウンド中に「思わず笑ってしまった」出来事も明かしている。

 約1年1か月ぶりに歓喜の瞬間を迎えた。出だし1、2番で連続ボギーとするも、3番で1つ取り返すなど単独首位に再浮上。2位に1打差で迎えた10番はラフから華麗なチップインバーディーを決めた。最終18番、ウィニングパットを決めると、笑顔で両腕を突き上げた。

 昨年6月の宮里藍サントリーレディス以来となるツアー通算3勝目。大会後、JLPGA公式インスタグラムは青木のインタビュー映像を公開した。連続ボギーでスタートとなった最終日。バーディーを記録した3番パー4で“救われた”出来事を振り返っている。

「(連続ボギーで)どうなることかと思ったと思うんですけど、3番のバーディーで私よりファンの皆さんが喜んでいて、その声援の大きさ、テンションに思わず笑ってしまって(笑)。そこからいい流れを作ってもらうことができて『また頑張るぞ』と巻き返すことができた。皆さんの前で優勝できてよかったです」

 選手会長に相当するプレーヤーズ委員長の29歳。最高の形で大会を盛り上げた。「まだ成し遂げたことのない複数回優勝を目指して頑張りたい」と意気込んでいた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集