[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

女子ゴルフ超珍事 球に傷跡残った幻のスーパーイーグルに仰天「これはマジでぴえん」

国内女子ゴルフツアーの宮里藍サントリーレディスが9日、兵庫・六甲国際GC(6527ヤード、パー72)で開幕した。小祝さくら(ニトリ)は5バーディー、2ボギー、69の通算3アンダーで10位発進。4番パー5では、悲運のスーパーショットがあった。第3打を直接カップに入れたが、勢い余ってボールが飛び出してしまい結局パーに。日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)公式ツイッターは「これはマジで『ぴえん』ですね」と紹介している。

宮里藍サントリーレディスに参戦中の小祝さくら【写真:Getty Images】
宮里藍サントリーレディスに参戦中の小祝さくら【写真:Getty Images】

小祝さくらのショットが一度入ったカップから飛び出す悲運

 国内女子ゴルフツアーの宮里藍サントリーレディスが9日、兵庫・六甲国際GC(6527ヤード、パー72)で開幕した。小祝さくら(ニトリ)は5バーディー、2ボギー、69の通算3アンダーで10位発進。4番パー5では、悲運のスーパーショットがあった。第3打を直接カップに入れたが、勢い余ってボールが飛び出してしまい結局パーに。日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)公式ツイッターは「これはマジで『ぴえん』ですね」と紹介している。

 スーパーイーグルがフイになった。4番パー5、小祝の第3打はカップに一直線。「カコーン」という音を残し、ダイレクトで完全にカップ内に入ったが、スピンが強かったのか、勢い余って弾き出た。そのまま大きく転がり、15メートル手前へ。入っていればイーグルだったが、結局このホールはパーになってしまった。

 コース、距離もすべて完璧だったが、悲運のスーパーショットに。JLPGA公式ツイッターは「これはマジで『ぴえん』ですね 小祝さくら 惜しいスーパーショット」と動画付きで紹介。珍しいシーンを目の当たりにしたファンからも「入ったことにしてくださいよー」「良すぎた」と同情の声が上がっていた。

 しかし、ラウンド後の本人は「ボールに白い傷跡がありました。音も『カコーン』という感じで。まあ、運がなかったということで」とサラリ。それよりもパットの復調を喜んだ。不運はあったものの、首位と4打差で上々の滑り出しとなった小祝。2週前のリゾートトラストレディスに続く、今季2勝目も十分に射程圏だ。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集