[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥、決着直後の真吾トレーナーの行動に絶賛の嵐「そこに気付けることが凄い」

ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級統一王者・井上尚弥(大橋)が7日、さいたまスーパーアリーナでWBC同級王者ノニト・ドネア(フィリピン)に2回1分24秒TKO勝ちし、日本人初の3団体王座統一に成功。4団体統一の偉業に王手をかけた。ネット上では決着直後、父の真吾トレーナーが取った行動が「そこに気付けることが凄い」と話題になっている。

日本人初の3団体王座統一に成功した井上尚弥、快挙の瞬間に父・真吾トレーナーが取った行動が話題となっている【写真:荒川祐史】
日本人初の3団体王座統一に成功した井上尚弥、快挙の瞬間に父・真吾トレーナーが取った行動が話題となっている【写真:荒川祐史】

歓喜の瞬間、父が真っ先に駆け寄った相手では尚弥ではなく…

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級統一王者・井上尚弥(大橋)が7日、さいたまスーパーアリーナでWBC同級王者ノニト・ドネア(フィリピン)に2回1分24秒TKO勝ちし、日本人初の3団体王座統一に成功。4団体統一の偉業に王手をかけた。ネット上では決着直後、父の真吾トレーナーが取った行動が「そこに気付けることが凄い」と話題になっている。

 決着の瞬間、真吾トレーナーが真っ先に向かったのは息子のもとではなかった。2回、井上のラッシュを浴びたドネアが倒れ込み、TKOで幕切れ。井上がコーナーポストに上がり、ガッツポーズを繰り出す中、真吾トレーナーもリングに入ってきた。駆け寄ったのは、ふらふらと下がっていくドネアのもと。ドネア陣営よりも早く安否を確認し、ライバルを思いやった。

 この模様は試合を中継した「Amazon プライム・ビデオ」でも映っており、ネット上で話題に。「お父さんの姿に涙しました」「父の行動にも感動しました」「井上家は父も子もボクシング界の鑑」「そこに気付けることが凄い」「なんという一家だ」「尚弥じゃなく、ドネアに駆け寄ったのが素敵すぎた」「胸熱だった」など、絶賛の声が続々と上がっていた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集