[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

完敗ドネアが証言した井上尚弥の衝撃 1Rダウンで記憶飛び「コーナーを見たら妻が…」

ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級統一王者・井上尚弥(大橋)が7日、さいたまスーパーアリーナでWBC同級王者ノニト・ドネア(フィリピン)に2回1分24秒TKO勝ちし、日本人初の3団体王座統一に成功。4団体統一の偉業に王手をかけた。敗れたドネアは1回終了間際のダウンで記憶が飛んだことを明かし、井上の強さを証言した。米メディアが報じている。

ノニト・ドネアに2回TKO勝ちし、日本人初の3団体王座統一に成功した井上尚弥【写真:荒川祐史】
ノニト・ドネアに2回TKO勝ちし、日本人初の3団体王座統一に成功した井上尚弥【写真:荒川祐史】

倒れたことも気づかず、コーナーの妻の言葉で正気に「俺はやられたのかと」

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級統一王者・井上尚弥(大橋)が7日、さいたまスーパーアリーナでWBC同級王者ノニト・ドネア(フィリピン)に2回1分24秒TKO勝ちし、日本人初の3団体王座統一に成功。4団体統一の偉業に王手をかけた。敗れたドネアは1回終了間際のダウンで記憶が飛んだことを明かし、井上の強さを証言した。米メディアが報じている。

 ドネアの記憶は飛んでいた。1回終了間際、井上の右ストレートを左テンプルに浴び、たまらずダウン。目はうつろ、朦朧としながら、コーナーを一度確認すると慌てた様子でファイティングポーズを取った。再開直後の初回終了で助けられ、2回は必死に盛り返そうとするも、最後は連打でコーナーに追い詰められ、左フックを浴びて勝負あり。39歳の生ける伝説はさいたまで散った。

 試合後、取材対応はなかったが、自身のSNSでライブ配信を実施。試合を振り返った。その内容を米専門メディア「ボクシングシーン.com」が紹介。ドネアは1回のダウンシーンを振り返り、「打撃を受けた時、キャンバスに倒れ込んだことさえ気づかなかった」「私はカウンターを決めようとしていたから、パンチが来るのが見えなかった」と証言した。

「今まで食らったパンチの中で最も強烈だったと言える。最初のKOは頭が真っ白になった。あのパンチが来るとは思わなかった」

 その上で「何が起きたのか分からなかった。私はカウンターを狙っていたのに、キャンバスに倒れていた。そしたら審判がカウントしているんだ。『どういうこと?』って感じだった。コーナーを見たら妻が『手をあげて! カウントされているわよ』と言っていた。『マジか! 俺はやられたのか』と思ったよ」と明かし、慌ててファイティングポーズを取った経緯を説明した。

 ドネアは「ありがたいことに健康状態は悪くない」と語ったものの、モンスターの破壊力を身をもって体験したようだ。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集