[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 瀬戸大也、16年前の運命的な出会いとは? 北島康介さん「覚えてない」と苦笑いも…

瀬戸大也、16年前の運命的な出会いとは? 北島康介さん「覚えてない」と苦笑いも…

競泳のパンパシ水泳(8月・東京、中継・テレビ朝日)の日本代表選手壮行会が27日、東京・辰巳国際水泳場で行われ、主将は男子が萩野公介(ブリヂストン)、女子が大橋悠依(イトマン東進)に決定。平泳ぎで五輪2大会連続2冠の“レジェンド”北島康介さんが「アスリートホスト」に就任することも発表された。

瀬戸大也【写真:Getty Images】
瀬戸大也【写真:Getty Images】

パンパシ水泳の壮行会、瀬戸と北島さんの16年前の出会いが明らかに

 競泳のパンパシ水泳(8月・東京、中継・テレビ朝日)の日本代表選手壮行会が27日、東京・辰巳国際水泳場で行われ、主将は男子が萩野公介(ブリヂストン)、女子が大橋悠依(イトマン東進)に決定。平泳ぎで五輪2大会連続2冠の“レジェンド”北島康介さんが「アスリートホスト」に就任することも発表された。

【特集】“炎の守護神”は今も忘れない 「4年に1度しかない」4回分の記憶 / サッカー 川口能活選手インタビュー(GROWINGへ)

 北島さんは前回の日本開催だった2002年の横浜大会の100メートル平泳ぎで金メダルを獲得。国際大会では初の金メダルで、その後の飛躍につなげたが、16年前の大会で意外な“出会い”を果たしていた。

 当時8歳だった瀬戸大也(ANA)は北島さんにあこがれ、大会を観戦。サインをもらい2ショット撮影にも成功したのだという。リオ五輪男子400メートル個人メドレー銅メダリストは「自分も康介さんみたいになりたいと思いました」と当時を振り返った。

 しかし、北島さんは「覚えてないんですよね」と苦笑い。それでも、瀬戸に対して「子供たちもたくさん見に来ると思う。逆に夢や希望を与えられるように泳いでほしいですね」とエールを送っていた。

 ライバル萩野と共に大きな期待を集めている瀬戸は6月にパパになる予定。「家族の元へ金メダルを持って帰ります!」と力強く意気込んでいた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー