[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

脇元華が「69」好発進 「ゴルフが嫌い」な一時期から先輩4人の「いいとこ取り」で復調

国内女子ゴルフツアーのリゾート トラストレディスが26日、山梨・メイプルポイントGC(6580ヤード、パー72)で開幕した。24歳の脇元華(GMOインターネットグループ)が5バーディー、2ボギーの69で3アンダーと好発進した。今季はシード落ちし、ツアー最終予選会(QT)も79位と振わず。主催者推薦で6試合目の出場だが、ニッポンハムレディスクラシック(7月7~10日、北海道・桂GC)までの第1回リランキングで上位に入るべく、今大会の好成績を狙う。

脇元華【写真:Getty Images】
脇元華【写真:Getty Images】

リゾート トラストレディス初日

 国内女子ゴルフツアーのリゾート トラストレディスが26日、山梨・メイプルポイントGC(6580ヤード、パー72)で開幕した。24歳の脇元華(GMOインターネットグループ)が5バーディー、2ボギーの69で3アンダーと好発進した。今季はシード落ちし、ツアー最終予選会(QT)も79位と振わず。主催者推薦で6試合目の出場だが、ニッポンハムレディスクラシック(7月7~10日、北海道・桂GC)までの第1回リランキングで上位に入るべく、今大会の好成績を狙う。

【注目】“応援”が背中を押す 女子バスケ・髙田真希が感じた『チアスタ!』がつなぐ思い

 脇元は今日イチのバーディーを聞かれ、「9番です」と言った。残り10メートルで、1.5メートル幅で曲がったフックラインのパットで、「寄せに行ったつもりが、入ってくれてすごくラッキーでした」と振り返った。

 プロ2年目の2019年シーズンは賞金ランク47位で初の賞金シードも、2020ー21年統合シーズンは75位でシード落ち。昨年12月の最終QTも79位で、今季前半のツアー出場は主催者推薦に頼らざるを得なくなった。ただ、それも年間8試合が限度。脇元はすでに今大会で6試合目の推薦出場だが、これまでの5戦は全て予選通過しているものの、トップ10入りはない。

 気になるのは後半戦に向けてのリランキングで、前週終了時で暫定32位。第1回リランキングが確定するのは、約1か月先のニッポンハムレディスクラシックとなる。「4日間で(メルセデス・ランキングの)ポイントが高くなるこの試合で上位に入りたいです」。後半戦の出場権を得るには、少なくとも同40位以内が目途。脇元にとっては、1試合も無駄にできない状況だが、悩んでいたパットの復調に希望があるようだ。

「ずっとパットに悩んできました。QTもダメで(昨年の)12月はアマ時代も含めて初めてゴルフを離れました。それだけ、ゴルフが嫌いになっていました。ただ、1月からは向き合って、地元の宮崎にいらっしゃっていた上田桃子さんに誘われ、谷原秀人さん、岩田寛さん、上井邦裕さんとの合宿に参加しました。皆さんからアドレスのことなどをアドバイスしていただき、そのいいところ取りをしていったら、パットが良くなってきました」

 ただ、今大会の開催コースには、アンジュレーションのあるフェアウェー、グリーン、ブッシュなど、さまざまな“罠”がある。調子が良くても攻めすぎると危険を伴うことを知る脇元は「残り3日もよく頭を使って、集中していいプレーをしたいです」と言葉に力を込めた。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集