[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

渋野日向子も一目を置いていた20歳西郷真央の才能「一度勝ったらなんぼでも勝てる子」

国内女子ゴルフツアーのブリヂストンレディス最終日が22日、千葉・袖ヶ浦CC袖ヶ浦C(6713ヤード、パー72)で行われた。首位から出た20歳・西郷真央(島津製作所)が1イーグル、2バーディー、1ボギーの69で回り、通算13アンダーで逃げ切りV。ツアー史上最速10戦で5勝という快挙となった。

ブリヂストンレディス、優勝を決めガッツポーズする西郷真央【写真:Getty Images】
ブリヂストンレディス、優勝を決めガッツポーズする西郷真央【写真:Getty Images】

大会前日の会見で言及、渋野「本当にレベルの高い選手」

 国内女子ゴルフツアーのブリヂストンレディス最終日が22日、千葉・袖ヶ浦CC袖ヶ浦C(6713ヤード、パー72)で行われた。首位から出た20歳・西郷真央(島津製作所)が1イーグル、2バーディー、1ボギーの69で回り、通算13アンダーで逃げ切りV。ツアー史上最速10戦で5勝という快挙となった。

【注目】“応援”が背中を押す 女子バスケ・髙田真希が感じた『チアスタ!』がつなぐ思い

 劇的イーグルで勝利を手繰り寄せた。16番パー5の第2打、西郷は右ラフからウッドを強振。グリーン左のバンカーに運ぶ攻めを見せた。そして、ここからチップインイーグルを奪取。ギャラリーも大興奮のスーパーショットで、首位に4人が並んだ大混戦から抜け出し、終わってみれば逃げ切り勝ちだった。

 その実力は全英オープン女王も一目を置くものだった。今大会、米女子ツアーから今季国内初参戦した渋野日向子(サントリー)は開幕前日の会見で、西郷について問われ、「去年も『なんで勝ってないの?』というくらいのレベルだったので。今年、こんだけ活躍していることに対しては全く驚いていない」と言った。

「一度勝ったらなんぼでも勝てる子だなって。年上だからって偉そうに言っちゃってますけど……(笑)。本当にレベルの高い選手」と評した上で「個人的には西郷選手みたいな、パーオン率も高く、フェアウェーキープも凄い……私もそういうゴルフをしたいと思う選手です」と理想的なスタイルであると明かした。

 直近2戦は予選落ちと苦しみながら、師匠の尾崎将司の指導もあり、見事なV字回復。開幕戦のツアー初優勝から10戦5勝とした。次戦は初の海外試合となる全米女子オープン(6月2日開幕)。今季は海外メジャーで結果を残すことを目標としており、渋野らとともに夢の舞台で飛躍を目指す。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集