[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平100号に「もううんざり!」と反応した元レポーターに疑問の声「あなたは誰?」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は15日(日本時間16日)、敵地アスレチックス戦で8号決勝2ランを放ち、4-1で勝利したチームに貢献した。前日14日(同15日)にはMLB通算100号本塁打を達成。地元放送局も大谷の快挙を伝えていたが、米国のある元レポーターは「オオタニの話はもううんざり!」と中継放送に反応。米国のメディア関係者、ファンから疑問の声が噴出していた。

エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

エンゼルス戦の中継に反応した元レポーターに米ファンも異議

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は15日(日本時間16日)、敵地アスレチックス戦で8号決勝2ランを放ち、4-1で勝利したチームに貢献した。前日14日(同15日)にはMLB通算100号本塁打を達成。地元放送局も大谷の快挙を伝えていたが、米国のある元レポーターは「オオタニの話はもううんざり!」と中継放送に反応。米国のメディア関係者、ファンから疑問の声が噴出していた。

【注目】“応援”が背中を押す 女子バスケ・髙田真希が感じた『チアスタ!』がつなぐ思い

 日本人選手としては松井秀喜氏、イチロー氏以来となる米通算100号本塁打を放った大谷。メモリアル弾の記念ボールには現地のメディア関係者が撮影の列を成すほど注目を浴びており、試合を中継した米ロサンゼルス地元放送局「バリー・スポーツ・ウェスト」でも記録を祝福されていた。

 しかし、米放送局「NBCスポーツ」の元女性レポーター、ミケーレ・タフォヤ氏は「エンゼルスの中継、オオタニの話はもううんざり!」とツイッターに投稿。大谷にスポットライトを当てていた中継放送に対し、八つ当たりともとれる言葉を記していた。

 これにはツイッター上の米メディア関係者からも疑問の声が続出した。大谷フリークとして知られる米スポーツ専門局「FOXスポーツ」のアナリスト、ベン・バーランダー氏は「ミケーレ・タフォヤのこれからの言い訳にも期待ができない」と記し、米放送局「NFLネットワーク」のアナリスト、アダム・ランク氏は「ミケーレ、みんなオオタニが大好きなんです」と訴えかけた。

 米紙「ダラス・モーニングニュース」のイバン・グラント記者は「歴史に残る天才でMVPの選手について話すべきではないのか?」と困惑した様子。米スポーツ専門局「ESPN」のトーク番組「The Dan LeBatard Show with Stugotz」でシニアプロデューサーを務めていたロイ・ベラミー氏は「ホームの中継局が本塁打を打った選手について話していなかったら疑うでしょ」と指摘していた。

 米ファンからも多数の反応があり、「ところであなた誰?」「同意しません」「嫌なら見ないで」「彼は節目のHRを打ったんですよ」とタフォヤ氏の投稿に異議を唱えるものが大半を占めていた。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集