[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、元ロッテ監督も「文字通り安打不可能だった」と脱帽「見事な投球でした」

米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手が5日(日本時間6日)、敵地レッドソックス戦に「3番・投手兼DH」で先発出場。投げては7回無失点11奪三振の快投で今季3勝目、打っては4打数2安打1打点と投打で躍動した。エンゼルスの地元放送局「バリー・スポーツ・ウエスト」で解説を務める元ロッテ監督のボビー・バレンタイン氏も大絶賛した。

エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

地元放送局で解説を務めるバレンタイン氏はギアチェンジに注目

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手が5日(日本時間6日)、敵地レッドソックス戦に「3番・投手兼DH」で先発出場。投げては7回無失点11奪三振の快投で今季3勝目、打っては4打数2安打1打点と投打で躍動した。エンゼルスの地元放送局「バリー・スポーツ・ウエスト」で解説を務める元ロッテ監督のボビー・バレンタイン氏も大絶賛した。

【注目】“応援”が背中を押す 女子バスケ・髙田真希が感じた『チアスタ!』がつなぐ思い

 かつてロッテを沸かせた名監督も手放しで称える出来だった。大谷はストライク先行の投球。毎回のように走者を出しながらも、ピンチになるとギアを上げた。5回1死二塁から連続三振に斬って取るなど、7回11奪三振で無失点。打っても2安打1打点とベーブ・ルースが活躍した二刀流の聖地で今季3勝目を挙げた。

「バリー・スポーツ・ウエスト」公式ツイッターが公開した試合後の動画にバレンタイン氏が登場。「試合中に指摘していましたが、多くの球がストライクゾーンに入っていました」と問われると「オオタニは文字通り安打不可能だった」「見事な投球でした」と手放しで称えた。

 さらに、注目したのは走者を出した後のギアチェンジ。「走者を出した後は、95マイル(約153キロ)を投げていたところを、99マイル(約159キロ)や98マイル(約158キロ)に上げ、立て直していた」と分析し、「特別なアスリートが特別なことをやっていましたね」と賛辞を送った。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集