[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

米アマ球界に170キロ右腕が出現 史上2位の剛速球に衝撃広がる「何だこれ」「狂気だ」

米大学野球の剛腕投手が、衝撃の105.5マイル(約169.7キロ)を計測した。テネシー大の21歳ベン・ジョイスが、4月30日(日本時間5月1日)のオーバーン大戦で記録。米ファンからは「言葉が出ない」「狂気の沙汰」などと驚愕の声が寄せられている。

テネシー大のベン・ジョイス【写真:Getty Images】
テネシー大のベン・ジョイス【写真:Getty Images】

テネシー大の21歳、ベン・ジョイスの一球が話題

 米大学野球の剛腕投手が、衝撃の105.5マイル(約169.7キロ)を計測した。テネシー大の21歳ベン・ジョイスが、4月30日(日本時間5月1日)のオーバーン大戦で記録。米ファンからは「言葉が出ない」「狂気の沙汰」などと驚愕の声が寄せられている。

【注目】“応援”が背中を押す 女子バスケ・髙田真希が感じた『チアスタ!』がつなぐ思い

 大学生が衝撃の一球だ。6回から登板したジョイスは4イニングを被安打1の無失点、6奪三振と好投し、チームを5-3の勝利に導いた。注目が集まったのは7回2死で投じた直球だ。9番のコール・フォスターへの初球、外角へのボール球がなんと105.5マイルを計測した。場内はどよめいたが、米大リーグ(MLB)の識者たちもツイッターで次々と反応を示した。

 米スポーツ専門局「FOXスポーツ」のアナリスト、ベン・バーランダー氏は実際の映像を公開。「105.5マイル! 大学野球史の中で最も速い球!」と記すなど興奮状態。「ピッチングニンジャ」の愛称で知られる米投球分析家ロブ・フリードマン氏も「ベン・ジョイスのアンフェアな投球。これよりも前に105.5マイルに達していた噂もある」とレポートした。

 コメント欄には「ジョイスは成長過程」「捕手のために祈ってくれ」「クレイジーだ」「言葉が出ない」「なんだこれ?」「信じられない」「人間じゃない。検査して」「狂気の沙汰」などと、米国の野球ファンから驚愕の声が寄せられている。

 米スポーツ専門紙「スポーツ・イラストレイテッド」は「2010年、(レッズ時代の)アロルディス・チャップマンが投じた105.8マイル(約170.3キロ)に次ぐ、球界2番目の速さだった」と報じ、ジョイスの一球がいかに速かったかを説明した。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集