[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平への1球を巡り複数の米識者が憤慨 「冗談止めて」「全然ストライクじゃない」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は25日(日本時間26日)、本拠地ガーディアンズ戦に「2番・DH」で出場。4打数無安打に終わった。第2打席、大谷が見送った1球を巡り、複数の米識者が異議を唱えた。画面のストライクゾーンから大きく外れているように見えるが、ストライクの判定。「冗談は止めてくれ」「これはヤバイだろ!」などと憤慨していた。

ガーディアンズ戦に「2番・DH」で出場したエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
ガーディアンズ戦に「2番・DH」で出場したエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

ガーディアンズ戦に「2番・DH」で出場

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は25日(日本時間26日)、本拠地ガーディアンズ戦に「2番・DH」で出場。4打数無安打に終わった。第2打席、大谷が見送った1球を巡り、複数の米識者が異議を唱えた。画面のストライクゾーンから大きく外れているように見えるが、ストライクの判定。「冗談は止めてくれ」「これはヤバイだろ!」などと憤慨していた。

【注目】“応援”が背中を押す 女子バスケ・髙田真希が感じた『チアスタ!』がつなぐ思い

 大谷に厳しいジャッジが続いた。3回1死走者なしで迎えた第2打席、カウント1-0からの2球目だ。ガーディアンズのシェーン・ビーバーが投じたカーブは低めへ。膝より低いボールを、大谷は自信を持って見逃したが、球審は右手を上げストライクと判定した。画面に表示されたストライクゾーンからは、明らかに外れたボールだった。

 大谷はこの打席、見逃し三振。第1打席でも微妙なハーフスイング判定で三振に倒れていたが、米記者たちは特に2打席目の判定に納得いかない様子だ。米スポーツメディア「ブリーチャーリポート」のMLB記者、ザッカリー・ライマー氏は「冗談は止めてくれ。ゾーン外の球をストライク判定された割合は昨年の6.3%から10.5%に上昇している」と自身のツイッターに記した。

“大谷マニア”を自称する米スポーツ専門局「FOXスポーツ」のアナリスト、ベン・バーランダー氏も反応。「これはヤバイだろ! ショウヘイ・オオタニは審判に文句を言うべきだが、それはしないだろう。これは全然ストライクじゃない」と憤慨。動画をツイッターに公開した米国の投球分析家ロブ・フリードマン氏も「ショウヘイは地球上でもっとも我慢のできる人間だ」と、特に不満を表さなかった大谷に同情していた。

 大谷は続く打席でも凡退し、4打数無安打2三振。しかしチームは3-0で勝利している。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集