[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

計量でゴロフキンを喜ばせた日本のおもてなしに米称賛「ここでの敬意は信じられない」

ボクシングのWBAスーパー・IBF世界ミドル級(72.5キロ以下)王座統一戦は、9日にさいたまスーパーアリーナで開催される。8日は都内のホテルで前日計量が行われ、WBAスーパー王者・村田諒太(帝拳)は72.5キロ、IBF王者ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)は72.5キロのともにリミットでクリア。この日、ゴロフキンは40歳の誕生日だった。サプライズでプレゼントが贈られ、日本らしいおもてなしに米メディアから称賛が起きている。

日本で40歳の誕生日を迎えたゲンナジー・ゴロフキン【写真:荒川祐史】
日本で40歳の誕生日を迎えたゲンナジー・ゴロフキン【写真:荒川祐史】

計量で40歳誕生日だったゴロフキンを帝拳ジムなどがサプライズ祝福

 ボクシングのWBAスーパー・IBF世界ミドル級(72.5キロ以下)王座統一戦は、9日にさいたまスーパーアリーナで開催される。8日は都内のホテルで前日計量が行われ、WBAスーパー王者・村田諒太(帝拳)は72.5キロ、IBF王者ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)は72.5キロのともにリミットでクリア。この日、ゴロフキンは40歳の誕生日だった。サプライズでプレゼントが贈られ、日本らしいおもてなしに米メディアから称賛が起きている。

 この時ばかりは決戦前の緊張がほぐれた。村田、ゴロフキンともに計量をパスし、恒例のフェイスオフで約17秒間にらみあった後、会見場にバースデーソングが流れた。40歳の誕生日だったゴロフキンに主催の帝拳ジムから花束、ホテルからプレゼントが贈られ、会見場内は温かい拍手が起こった。

 対戦相手の村田も笑顔で手を叩いていた。この様子をゴロフキンがツイッターに「ありがとう」と日本語メッセージとともに投稿。これを米スポーツ専門局「ESPNリングサイド」公式インスタグラムも「ミドル級のタイトル戦の計量を終え、GGGは日本で花束を受け取る」と紹介した。

 現役最強ボクサーが日本に渡って上がるリングに注目していた米ファンも「日本人は敬意を払っているね」「日本人はゲストの歓迎の仕方を知っているね」「ここでの敬意は信じられない」「これぞホスピタリティ」「日本人たちによる素晴らしい振る舞いだ」「いつも謙虚だ」などの声を寄せていた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集