[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 東京五輪、聖火リレーコンセプト決定、東北被災3県へ“復興の火” 総日数は114日以上

東京五輪、聖火リレーコンセプト決定、東北被災3県へ“復興の火” 総日数は114日以上

東京2020組織委員会はこの日までに、東京オリンピック・パラリンピックの調整会議を行い、聖火リレーコンセプトについて話し合った。

聖火【写真:Getty Images】
聖火【写真:Getty Images】

聖火リレーのコンセプト決定、オリンピック発祥の地・ギリシャで採火した“復興の火”は被災3県へ

 東京2020組織委員会はこの日までに、東京オリンピック・パラリンピックの調整会議を行い、聖火リレーコンセプトについて話し合った。

【特集】「走り」で人は変われる 子どもが運動会でヒーロー・ヒロインになる方法 / 陸上 伊藤友広さん、秋本真吾さん(GROWINGへ)

 コンセプトは、「Hope Lights Our Way/希望の道を、つなごう」。コンセプトの柱となる3つの視点「復興・不屈の精神」「違いを認めあう包容力」「祝祭による一体感」を盛り込んでいる。

 聖火は全国を回ることも決まった。震災から10年目となる被災地も巡回。復興に尽力する関係者に、元気や力を届けること。また、震災当時世界中から寄せられた支援や励ましに対して、復興を遂げる日本の姿を、感謝の気持ちとともに世界に発信。困難を乗り越える人々の力、不屈の精神を伝えるという目的も掲げている。

 聖火リレーの総日数については、114日と移動日を加えたものとなる見込み。全47都道府県を回り、被災3県と複数種目を実施する千葉、埼玉、神奈川、静岡の4県は3日間、開催地東京は15日間、その他道府県は2日間とすることも決定した。詳細なルートなどについては今後決定する。

 またオリンピック聖火リレーの開催に先立って、復興オリンピック・パラリンピックの観点から、オリンピック発祥の地・ギリシャで採火した火を“復興の火”として、被災3県(岩手、宮城、福島)で順次展示する。詳
細は今後決まる。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー