[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

川崎・藤井祐眞が誇るBリーグ「最高の守備」 “頂上決戦”初戦で見せた意地と復活

言ってしまえば日本バスケットボールの“頂上決戦”。それが昨シーズンのBリーグ王者・千葉ジェッツと、天皇杯王者・川崎ブレイブサンダースのカードだ。

富樫勇樹(千葉)とマッチアップする藤井祐眞(川崎)【写真提供:川崎ブレイブサンダース】
富樫勇樹(千葉)とマッチアップする藤井祐眞(川崎)【写真提供:川崎ブレイブサンダース】

「脳震とうの疑い」で2試合欠場、千葉との第1戦は前半低調も第3クォーターに躍動

 言ってしまえば日本バスケットボールの“頂上決戦”。それが昨シーズンのBリーグ王者・千葉ジェッツと、天皇杯王者・川崎ブレイブサンダースのカードだ。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 この大一番の見どころは、やはり富樫勇樹(千葉)と藤井祐眞(川崎)による「日本代表ポイントガード対決」だろう。12月18日に2021-22シーズンの初顔合わせが組まれていた。

 ただ18日の第1戦で、藤井は自らの身に“異変”を感じていた。

「前半、僕は本当にきつくて、めちゃくちゃ息が上がってしまって、あまりリズムを作れなかった」

 大袈裟なコメントはあまりしない藤井が、「ほんっ…とうに!」と妙に力を込めた言い方をしていた。

 疲れ知らずのハードワークを見せる彼としては珍しい話だが、やむを得ない事情があった。藤井は11日の横浜ビー・コルセアーズ戦で相手選手と強く接触。「受傷直後に脳震とうが疑われる症状があった」との理由で、藤井は翌12日の横浜戦と、15日の群馬クレインサンダーズ戦を欠場している。

「診断、チェックをしてもらって特に異常はありませんでした。ただリーグのプロトコルに従って段階を踏んで徐々に(運動の強度を)上げて状態を確認する状況が、6日間続きました。昨日は練習に戻ったんですけど、でもそこまであまり息を上げてこなかった。試合でパッと息を上げた時にめちゃくちゃ疲れました」

 しかもこの試合の第1クォーターは残り6分35秒から残り1分57秒まで両チームにファウルがなく、ボールがラインを割らず、流れが一度も切れない異例の展開。ベンチもそんな状態にある藤井を、「代えたくても代えられない状況」だった。

 第1クォーターの残り2分45秒には、相手のピック&ロールから富樫のマークをあっさり離して3ポイントシュートを決められる“藤井らしくない”プレーも出ている。オフ明けに近いコンディションだった彼は、フィジカル面で流れに乗れていなかった。

 かくして川崎は40-47のビハインドを負って、前半を終えることになった。しかし後半はその藤井がカムバックし、反攻の先頭に立つ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集