[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

PGだからこそ生きる“リバウンド力” 三河コリンズワースが語る自らの異能とは

バスケットボールの取材をしていると「ディフェンシブなスタイルを目指したい」というコメントをよく聞く。他のスポーツ――例えばサッカーで“ディフェンシブ”を敢えて目指すチームはまずない。しかしバスケットボールは違う。この競技におけるディフェンスは積極的で、前向きなアクションだ。

シーホース三河のカイル・コリンズワースの活躍に注目【写真:SeaHorses MIKAWA co.,LTD.】
シーホース三河のカイル・コリンズワースの活躍に注目【写真:SeaHorses MIKAWA co.,LTD.】

シーホース三河のPGコリンズワース、11日の広島戦で“トリプルダブル”達成

 バスケットボールの取材をしていると「ディフェンシブなスタイルを目指したい」というコメントをよく聞く。他のスポーツ――例えばサッカーで“ディフェンシブ”を敢えて目指すチームはまずない。しかしバスケットボールは違う。この競技におけるディフェンスは積極的で、前向きなアクションだ。

【注目】“応援”が背中を押す 女子バスケ・髙田真希が感じた『チアスタ!』がつなぐ思い

 Bリーグのシーホース三河も、ディフェンシブで魅力的なスタイルに脱皮しようとしている。2020-21シーズンのMVP金丸晃輔(島根スサノオマジック)の移籍は少なからず痛手だろう。ただし今季は西田優大、角野亮伍のような若手を獲得し、シェーファーアヴィ幸樹も含めて“動ける”メンバーが揃った。守備やリバウンドからのファストブレイク(速攻)がチームの強みとなりつつある。

 そんなスタイルの先頭に立っているのが、ポイントガード(PG)のカイル・コリンズワースだ。NBAダラス・マーベリックスやGリーグ(NBA下部リーグ)でのプレー経験を持つ30歳で、今季が来日2年目。198センチ・95キロの体格で、跳躍力に強みがある。

 ポイントガードはチームの“司令塔”だが、それぞれのスタイルがある。富樫勇樹(千葉ジェッツ)のようにシュート、パスを強みとするタイプが一般的で、藤井祐眞(川崎ブレイブサンダース)のような守備や闘志でチームを引っ張るスタイルもある。コリンズワースは、Bリーグの中では少し異色の「リバウンド」「守備」「パス」で貢献するPGだ。

 昨シーズンのコリンズワースは、計6回のトリプルダブルを達成した。特にチームにフィットした終盤戦は大活躍を見せ、4月24日の島根スサノオマジック戦から4試合連続でトリプルダブルを記録。4月・5月の月間MVPにも選ばれている。(※トリプルダブル:得点、リバウンド、アシスト、スティール、ブロックショットの5項目中3つ=tripleで2桁=doubleのスタッツを記録すること)

 チームがより“ディフェンシブ”になったことで、コリンズワースの強みがより活きている。三河が91-74で快勝した12月11日の広島ドラゴンフライズ戦では17得点、13リバウンド、11アシストとトリプルダブルを達成した。

 試合後に鈴木貴美一ヘッドコーチは、こう振り返っていた。

「第2クォーターからDFの足が動いて、走れて、いい形でオフェンスができた。今日はリバウンドも頑張って、シュートが落ちてもしっかり拾って決める形を作れた。リバウンドの差が、ゲームに出たのかなと思っている」

 リバウンドの本数は三河が45本で、広島は32本。攻撃回数の差がこれだけあれば、それはスコアに反映される。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集