[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平の好投を台無し 即被弾の中継ぎに米記者辛辣「オオタニは全てこなす必要がある」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は19日(日本時間20日)、アスレチックス戦に「2番・投手」で先発。6回3安打無失点と好投したが、自軍も無得点で今季5勝目とはならず。7回から右翼の守備に就いた。その後、代わった中継ぎ陣が即、失点。米記者はツイッターで「オオタニは文字通り全てをこなす必要がある」などと呆れている。

アスレチックス戦に「2番・投手」で先発しているエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
アスレチックス戦に「2番・投手」で先発しているエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

6回無失点も5勝目ならず

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は19日(日本時間20日)、アスレチックス戦に「2番・投手」で先発。6回3安打無失点と好投したが、自軍も無得点で今季5勝目とはならず。7回から右翼の守備に就いた。その後、代わった中継ぎ陣が即、失点。米記者はツイッターで「オオタニは文字通り全てをこなす必要がある」などと呆れている。

【特集】心を一つにつかんだ銀メダル 栄光に続くチームビルディングとは / バスケットボール・髙田真希選手インタビュー(GROWINGへ)

 この日は直球、変化球ともに制球は大きく乱れず、安定した投球を披露した大谷。8つの三振を奪うなど力投したが、打線の援護はなく降板。7回から右翼の守備に就いた。すると、大谷の後を受けたシーシェクが四球、四球、3ラン被弾と1死も取れずに3失点。リードを許して降板した。

 今季は何度か同じような展開もあった大谷。米スポーツ専門局「ESPN」のレポーター、アルデン・ゴンザレス氏は、シーシェクの降板後にツイッターを更新。「ショウヘイ・オオタニはアスレチックス打線に対して6回無失点。ただ交代後3人の打者と対戦した後にエンゼルスは3点を先制される。この男は文字通り全てをこなす必要があるようだ」と辛辣な言葉をつづった。

 米スポーツ専門サイト「ジ・アスレチック」などに寄稿していたブレント・マグワイア記者もツイッターで反応。「エンゼルスのブルペン陣がショウヘイ・オオタニのマウンド上での輝かしい働きをすぐさま台無しにした」と失点した中継ぎに厳しかった。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集