[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平の175km弾丸ライナー直撃 相手投手が驚き「あんな速い打球、成す術ないよ」

米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は11日(日本時間12日)、DH制のない敵地ダイヤモンドバックス戦に「2番・投手」で先発。勝ち負けこそつかなかったが、5回2失点8奪三振と力投し、打ってもタイムリーを含む二塁打2本と躍動した。この試合でヒヤリとしたシーンの一つが5回の第3打席。大谷の強烈な打球が相手投手に直撃した。試合後、打球を受けた張本人は「あんなに速い打球、成す術ないよ」と振り返ったという。

ダイヤモンドバックス戦に「2番・投手」で先発したエンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】
ダイヤモンドバックス戦に「2番・投手」で先発したエンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】

ライナーを受けたDバックス先発ケリー「もし5インチずれていたら…」

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は11日(日本時間12日)、DH制のない敵地ダイヤモンドバックス戦に「2番・投手」で先発。勝ち負けこそつかなかったが、5回2失点8奪三振と力投し、打ってもタイムリーを含む二塁打2本と躍動した。この試合でヒヤリとしたシーンの一つが5回の第3打席。大谷の強烈な打球が相手投手に直撃した。試合後、打球を受けた張本人は「あんなに速い打球、成す術ないよ」と振り返ったという。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 あまりの打球速度に反応できなかった。5回1死、大谷の痛烈なピッチャー返しがマウンドの右腕ケリーを襲った。打球は左胸付近を直撃。そのまま倒れ込んだ。弾んだ打球を一塁手が処理し、大谷にタッチ。アウトにこそしたが、打った大谷も心配そうに見守るほどだった。

 そのまま続投し、この回を抑えて5回3失点で降板したケリー。状態が心配されたが、米アリゾナ州地元紙「アリゾナ・リパブリック」によると打撲で済んだといい、さらに本人のコメントを紹介している。

「あんなに速い打球が飛んでくるのを見たとき、成す術ないと感じたよ。反応できなかったしね」と語ったケリー。「幸運にも当たり所が良かった。もし5インチ(約13センチ)右か上だったら、自分は今ここに座って君たち(報道陣)に話をしていないだろう」と肝を冷やしたようだ。

 大谷の打球速度は108.7マイル(約174.9キロ)だったといい、大事に至らなかったことが救いだった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集