[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

名門・法大が首位浮上、川崎内定のMF松井蓮之「タイトルにこだわる。負けない自信ある」

法大が、悲願の関東大学リーグ制覇に執念を見せた。関東大学サッカーリーグ1部は30日に第7節第2日を行い、駒沢陸上競技場の第2試合は、法大が4-2で筑波大を破った。法大は、1位だった明大に勝点16で並び、得失点差で上回ることで首位の座を奪った。

川崎内定の法大MF松井【写真:平野貴也】
川崎内定の法大MF松井【写真:平野貴也】

関東大学リーグ1部第7節、法大が筑波大に4-2で勝利

 法大が、悲願の関東大学リーグ制覇に執念を見せた。関東大学サッカーリーグ1部は30日に第7節第2日を行い、駒沢陸上競技場の第2試合は、法大が4-2で筑波大を破った。法大は、1位だった明大に勝点16で並び、得失点差で上回ることで首位の座を奪った。

【特集】日本女子トップスイマーが泳ぐ意味 「次世代に一つの道を見せられたら」 / 競泳・大橋悠依選手インタビュー(GROWINGへ)

 OBでもある長山一也監督は「(自分が関わってから)1部は優勝したことがないので、謙虚に。やっと、主導権を握りながら試合をできるところが、ある程度見えた。こういうサッカーをベースにして勝ち続け、結果だけでなく、内容もあるサッカーでタイトルを取れるような状況になるのが理想。大学サッカーのレベルの高さを証明できる試合をできるように、また準備したい」と浮かれることなく、兜の緒を締め直した。

 コロナ禍に見舞われた昨季は関東4位だったが、シーズン唯一の全国大会となった「#atarimaeni CUP サッカーができる当たり前に、ありがとう!」で準優勝。わずかに届かなかった日本一に再挑戦するシーズンとなるが、まずは1970年代から離れている関東リーグ優勝にこだわる。

 試合は、前半22分に先制されたが、積極的な守備で相手の攻撃の組み立てに混乱を生み、中盤でのボール奪取からショートカウンターを仕掛け、少しずつ試合のペースを引き戻した。そして前半41分、左CKのこぼれ球を右MF伊藤綾汰(3年・尚志)がシュート。そのこぼれ球をFW久保征一郎(2年・FC東京U-18)が決めて同点に追いついた。

 後半の立ち上がりには、相手守備陣の横パスをカットした伊藤が、味方からのリターンパスを受け、鋭いシュートを突き刺して逆転。伊藤は「相手のミスからだけど、今週の練習で、前からプレッシャーに行こうとやってきたので、その形が出た。後半に入る前に、みんなから1点取れと言われていたので、自分が取るという気持ちでいた」と手応えを語った。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集