[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「オオタニの快投がブルペンの失態で台無しに」 降板後に炎上した救援陣に地元紙辛辣

米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は11日(日本時間12日)の敵地アストロズ戦に「2番・投手」で渡米後3度目の投打同時出場。7回1失点10奪三振と好投したが、打線の援護なく降板後には救援陣がつかまりチームは1-5で敗れた。地元紙では「オオタニの快投がブルペンの失態によって台無しに」と報じられている。

「2番・投手」で先発出場したエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
「2番・投手」で先発出場したエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

7回1失点快投も降板後に救援陣が炎上

 米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は11日(日本時間12日)の敵地アストロズ戦に「2番・投手」で渡米後3度目の投打同時出場。7回1失点10奪三振と好投したが、打線の援護なく降板後には救援陣がつかまりチームは1-5で敗れた。地元紙では「オオタニの快投がブルペンの失態によって台無しに」と報じられている。

【特集】心を一つにつかんだ銀メダル 栄光に続くチームビルディングとは / バスケットボール・髙田真希選手インタビュー(GROWINGへ)

 好投も報われなかった。大谷は直球、スライダー、スプリット、カーブと多彩な変化球でストライク先行。今季最長の7回を投げて、10奪三振、被安打4、1失点。課題だった制球も大幅に改善し、与えた四球は1つだけだった。

 ほぼ完ぺきな投球を披露したが打線の援護はなく、1-1の7回を投げ終えたところで降板。8回の守備からは右翼に回ったが、大谷の後を受けた救援陣が8回に4失点。試合を壊してしまった。

 不甲斐ないブルペンに地元メディアも辛辣だった。米カリフォルニア州地元紙「オレンジ・カウンティ・レジスター」では「アストロズに敗戦し、ショウヘイ・オオタニの快投がエンゼルスのブルペンの失態によって台無しに」の見出しで試合をレポートしている。

「ショウヘイ・オオタニがおよそ3年間失われていた完璧な投球パフォーマンスをついに実現した」と大谷の投球を称賛。さらに「彼は、エンゼルスが求めていたもの全てを与えた」と続けながらも「勝ち以外は」と背番号17の2勝目だけでなく、チーム自体の連勝も止まってしまったことを伝えている。

 さらに記事では、大谷の後を受けたアーロン・スレガーズとアレックス・クラウディオが8回に4点を失ったことで「オオタニの打席が回ってくる前に(事実上)試合は終わってしまった」としている。

 チーム防御率はリーグワースト2位の5.03。大谷こそ安定しているが、スターター、ブルペン共に不安を抱えるエンゼルスが上位浮上のためには、投手陣の整備が必須だ。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集