[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平に対して「いやぁ、彼は凄いアスリートだ」 アストロズの名将が賛辞連発

米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は11日(日本時間12日)の敵地アストロズ戦に「2番・投手」で渡米後3度目の投打同時出場。7回1失点10奪三振と好投したが、勝敗はつかなかった。降板後は右翼の守備にも就き、打撃では4打数1安打と“リアル三刀流”を体現。アストロズのベイカー監督も「いやぁ、彼は凄いアスリートだ」と手放しで称えている。

「2番・投手」で先発出場したエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
「2番・投手」で先発出場したエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

先発登板で7回1失点、名将ベイカー監督「こんなことをやった上に…」

 米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は11日(日本時間12日)の敵地アストロズ戦に「2番・投手」で渡米後3度目の投打同時出場。7回1失点10奪三振と好投したが、勝敗はつかなかった。降板後は右翼の守備にも就き、打撃では4打数1安打と“リアル三刀流”を体現。アストロズのベイカー監督も「いやぁ、彼は凄いアスリートだ」と手放しで称えている。

【特集】心を一つにつかんだ銀メダル 栄光に続くチームビルディングとは / バスケットボール・髙田真希選手インタビュー(GROWINGへ)

 キレッキレの投球だった。初回1死では2番ディアスをカウント2-2と追い込んでからの98.3マイル(約158キロ)のファストボールは右打者の外角へ逃げていくような軌道で、捕手のスズキのミットに収まった。ディアスのバットは空を切り、この日1つ目の三振。ここから奪三振ショーが始まった。

 5回に被弾こそあったが、今季最長の7回を投げて10奪三振で1失点。打撃でも安打を放ち、降板後には右翼の守備にも就いた。チームは敗れたものの、文字通りのフル回転に敵将も賛辞を並べた。

 MLB公式サイトのエンゼルス番のレット・ボリンジャー記者は自身のツイッターでアストロズのダスティ・ベイカー監督の試合後の談話を伝えている。

「私が見てきた彼の投球の中で最高のものだった。彼は95から99マイルの球があり、速球を低めや外角に投げ込んでいた。最高のコマンドとコントロールだった。いやぁ、彼は凄いアスリートだ。こんなことをやった上に右翼手でもプレーしたんだ」

 大谷の規格外のプレーは、5球団をポストシーズンに導いた71歳の名将をも感嘆させていた。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集