[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、ド真ん中でも打たれない 162km剛速球に米騒然「笑っちゃうくらい凄い」

米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は4日(日本時間5日)、本拠地でのホワイトソックス戦に「2番・投手」で出場。投げては渡米後最速タイ101.1マイル(約162.7キロ)を計測した。初回に投じた100マイル超のファストボールの映像をMLB公式SNSが公開すると、米ファンには驚きが広がっている。

エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

初回に投じた100.6マイルに米ファン騒然

 米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は4日(日本時間5日)、本拠地でのホワイトソックス戦に「2番・投手」で出場。投げては渡米後最速タイ101.1マイル(約162.7キロ)を計測した。初回に投じた100マイル超のファストボールの映像をMLB公式SNSが公開すると、米ファンには驚きが広がっている。

【特集】競技復帰を決意させた東京パラリンピック 未来へ繋ぐ感謝のバトン / パラバドミントン・鈴木亜弥子さんインタビュー(GROWINGへ)

 1球でどよめかせた。初回1死。イートンに対する5球目だ。100.6マイル(161.9キロ)を計測した。ド真ん中だったが、イートンはバットに当てるのが精いっぱいだった。

 初回からいきなり見せた剛速球を、MLBの公式SNSが動画付きで脚光。すると米ファンからは「素晴らしいピッチング」「ショータイム!!」「笑っちゃうくらい凄い」「凄い球だ」「正直みんなが彼のことを応援してる」「こんなの不公平」「彼は並外れている」などと称賛の嵐が巻き起こっている。

 投稿の文面では「我々が思っていることをマイク・トラウトが言った」と記しており、動画内の音声でトラウトは「ブリッツボールを投げてるみたいだ」と発言しているようだ。

 打撃では初回に特大の2号ソロを放った大谷は5回途中2安打3失点。勝ち投手の権利まであと1死というところで、走者と交錯するアクシデントもあり降板したが、軽傷であることが明らかになっている。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集