[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平のカーブで三振 打者の“敬意の仕草”に米注目「参ったよと言わんばかり…」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手が13日(日本時間14日)、特別ルールで行われたホワイトソックス戦でオープン戦2度目の先発し、計2回1/3を投げて6安打5失点だった。奪った4つの三振のうち、1つは大きな落差のカーブ。これを空振りした相手打者は思わずサムアップ。大谷の投球を称えたシーンに米メディアが注目を寄せている。

エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

大谷のカーブで空振り三振のメルセデスは引き上げながらサムアップ

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手が13日(日本時間14日)、特別ルールで行われたホワイトソックス戦でオープン戦2度目の先発。計2回1/3を投げて6安打5失点だった。奪った4つの三振のうち、1つは大きな落差のカーブ。これを空振りした相手打者は思わずサムアップ。大谷の投球を称えたシーンに米メディアが注目を寄せている。

【特集】日本女子トップスイマーが泳ぐ意味 「次世代に一つの道を見せられたら」 / 競泳・大橋悠依選手インタビュー(GROWINGへ)

 ピシャリとはいかなかったが、随所で切れのあるボールを投げ込んだ。特に4つめの三振を奪ったシーンだ。ホワイトソックスのメルセデスに対して、ストライクゾーンから低めぎりぎりに大きく変化するカーブを投じると、メルセデスは泳ぎながらスイングアウト。するとホ軍の捕手は大谷の変化球に敬意を示すようにして、サムアップしながらベンチへ向かった。

 これに対して大谷も思わず笑顔になっていた。このシーンに米紙「ロサンゼルスタイムズ」が注目。「ホワイトソックスの捕手、ヤーミン・メルセデスはエンゼルスの二刀流スター、ショウヘイ・オオタニのカーブに三振した。そして彼はベンチに戻る際にオオタニに向かって『参ったよ』と言わんばかりのリアクションで親指を上げた」と伝え、珍しい相手打者とのやりとりを紹介している。

「オオタニは4つの三振を奪いながらも6安打5失点と苦しんでいた。しかし、メルセデスの反応を見ると、普段は控えめなオオタニが笑顔になり、相手が示すリスペクトを面白がっていた」

 こうした大谷の様子に、同紙はポジティブな兆しを感じ取っているようで「この春のオオタニはモンスター級の本塁打を含む13安打と2回の登板で9奪三振を記録するなど、活躍が期待されている。このような自信に満ちていて、ポジティブな姿が良く目立っている」と伝えていた。

 またメルセデスがサムアップするシーンを米紙「ロサンゼルスタイムズ」のエンゼルス番ジャック・ハリス記者は「オオタニの最後の投球。メルセデスのリアクションを面白がっていた」と添えて紹介するなど、大谷の一挙手一投足が注目を集めている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集